たるみ治療の現場を知る医療通訳に聞いた、名医がいる美容クリニックの選び方

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

たるみの名医大事典TOP  >  徹底取材! 医療通訳が教える、たるみ治療美容クリニックの選び方

徹底取材!

医療通訳
教える、
たるみ治療
美容クリニックの
選び方

すべて見ているからこそわかる「名医」とは

たるみは、人それぞれ場所も症状の程度も違います。また、同じたるみでも、さまざまな治療方法があります。さらに、同じ治療法でも、それを行っ日本の美容外科で美容整形をする中国人のために、コーディネートや通訳を行っている医療通訳さん。さまざまなクリニックを回っているため、美容外科事情にはかなり精通しています。とくにトラブルは自分自身の信用にも関わってくるため、本当に技術力の高いクリニックを知り尽くしています。そんな医療通訳さんに、クリニック選びのポイントを聞いてみました。

医療通訳さんに聞いた、
美容クリニックの選び方

今回お話を聞いた
医療通訳さんをご紹介

Kさん 40代女性

もともと中国広州のご出身というKさんは、日本にも長く住まわれているため、中国語も日本語も堪能。日本で美容整形を受けたい中国人のためのコーディネーター、及び医療通訳者として、これまで多くの患者さんとクリニックの橋渡しをしてきました。

医療通訳とはどんな仕事か
詳しく見る

リアルな口コミ評判は
信頼性が高いですが…

最近、中国から日本に美容整形を受けに来る方が多いと聞きましたが、どのようにしてクリニックをお知りになるのでしょう?

Kさん日本では、よくインターネットの口コミサイトなどの書き込みを参考にしてクリニックを選ぶ人が多いと思うのですが、中国の場合、一度日本で美容整形をした人が中国に帰って「あそこのクリニックが良かったよ」と周囲に話して、リアルな口コミで評判が広がっていくんです。Aクリニックいいよ…と聞いた人がAクリニックに行くという流れです。私のところに問合せがあって、Aクリニックに行きたいというので、「どうしてAクリニックを知っているの?」と聞くと、「友人が美容整形を受けてきて良かったと言っていた」とのこと。中国人って、何でも正直に周囲に話す傾向があるんですよ。リアルな口コミは信頼できますし、その力は大きいですね。

編集部クリニック選びには、リアルな口コミの影響力が大きいということですね。
Kさんに来る問合せは、最初から「●●クリニックで美容整形を受けたい」というように、すでにクリニックを決めていらっしゃる方からが多いんですか?それとも、漠然と「どこか良いクリニックを紹介してほしい」という方が多いんですか?

Kさん半分の方がクリニックを指名されてきます。あとの半分の方は、まずどこの国がいいか…というところから選びます。 先に日本で美容整形を受けた知人・友人の満足度が高くて指名される場合は信憑性があるのですが、ネットの書き込みを見て指名してくる場合、お勧めできない場合ははっきりと伝えます。そもそも、日本の美容外科クリニックの中には、中国人の集客に力を入れているところもあって、中国でサイトを運営しているところもあります。だから、日本では知名度のないクリニックなのに、なぜか書き込みがたくさんあったり。中国のネットの書き込みは信用できないものが多いです。

Kさんが紹介する
クリニックの
決め手とは?

話をよく聞いてくれて対応が丁寧なドクターは技術力に自信あり

Kさん日本の美容外科クリニックは、治療するパーツだったり、治療法によって、実績のあるところというか、得意・不得意があります。
たとえば、Bクリニックは鼻の整形は得意だけど、目の下のたるみはあまりやっていないとか。ですので、患者さんが希望するパーツや治療法によって、それが得意なクリニックを紹介します。

編集部たしかに、クリニックによって得意とする施術はありそうですね。
得意・不得意、ドクターの技術的な面…というポイントは、口コミ評判を参考にしているということですか?それとも、Kさんご自身がその目で実際に確かめているということでしょうか?

Kさん通訳は手術にも立ち会いますので、リアルなビフォーアフターを目の前で見ています。同じ治療でも、手術直後なのに腫れひとつなく美しく仕上がるクリニック、腫れや内出血が多いクリニック、手際のよいクリニック、丁寧なクリニック、いろいろ違います。みんなこの目で見ています。
それと、技術的な部分はもちろん、患者さんの話をきちんと聞いてくれて対応が丁寧なクリニックを勧めます。カウンセリングから施術まで一貫して同じドクターがやってくれるクリニックは、ズレがなくていいと思います。たとえば手術をする前に「手術後はこういうふうになりますよ」とアフターのイメージをちゃんと書くなどして示してくれるクリニックはいいですね。

編集部カウンセリングと実際の治療をしてくれるドクターが同じというのは、とても安心ですよね。「こんなはずじゃなかった!」となることも少ないでしょうし。
逆にお勧めできない美容外科というのは、どのようなクリニックでしょうか。 これまでに伺ったお話で言えば、当然、口コミ評判が悪かったり、対応が丁寧ではなかったり、カウンセリングと実際に治療をするドクターが違う…というポイントが挙げられると思いますが…

Kさん今、中国人の日本での美容整形が増えていて、半分以上が中国人というクリニックがあります。そういうクリニックの中には、キャパオーバーを起こしてしまって、対応が雑になるだけでなく、治療の質や治療効果もどんどん落ちてきているところもあるんです。そんなクリニックは勧められないし、スタッフの対応も悪くなるので、通訳としても行きたくなくなりますね(笑)。さらに、そういうクリニックの場合、治療費の先払いを要求されたり。まだドクターに会ってもいないのに患者さんも困るし、私たちも困るし。ですので、患者さんには、とにかく評判のいいクリニックを教えてあげます。

編集部名医はだれかということだけではなく、クリニックの診療方針や患者さんへの対応なども需要な要素である、ということですね?ここでKさんのアドバイスをわかりやすくまとめておきましょう。

名医がいるクリニックの見分け方

【1人のドクターがカウンセリングから施術、
アフターケアまで一貫して担当してくれる】

【担当医に形成外科医としてのキャリアがある】

【クリニックに他院修正の実績がある】

【施術後の腫れが少なくダウンタイムが短い】

【自分に合った最適な治療法を提供してくれる】

【担当医やクリニックが得意とする施術が明確である】

挿絵

挿絵

症例写真で効果と
「腫れない」技術を
チェック

中国の方はクリニックを選ぶ際、どんなことを気にされますか?
ダウンタイム、術後の腫れは気にされますか?

Kさん一週間ぐらいで帰らなきゃいけないという制約があるので、当然、帰国するときに化粧で隠せるくらいに腫れが収まっていないと都合が悪いです。同じ施術をするにも、クリニックによって腫れの程度や日数が全然違いますね。だからこそ、技術の高いところを紹介しないといけません。中国の人って、友達にはあれこれ何でも教えてしまうクセに、会社にはバレたくないんです。そんなに休むわけにもいきませんので、早く腫れが引いて会社に戻れるのが必須条件ですね。日本人だってそうですよね?

編集部日本人だって、仕事をしていればそんなに休めませんし、仕事をしていなくても外に出ないわけにはいきませんから、腫れないに越したことはありませんね。
ところで、中国人は、クリニックの実績や知名度などは気にされるのでしょうか?

Kさん症例数(実績)や知名度よりもまず効果があるかどうかですね。中国人はどこで効果を判断するかというと、リアルな口コミのほか、公式サイトなどに掲載されているビフォーアフター写真に注目するようです。どのくらい変化があるかがポイント。手術直後の状態も見ます。細かい日数経過も見せているところは安心ですね。

編集部ビフォーアフター写真でも、技術力の違いはわかるかもしれませんね。とくに術後すぐの写真が掲載されているクリニックは「腫れの程度」を判断するのに参考になりそうですね。とはいえ、目の前でリアルなビフォーアフターを見ている通訳さんの証言が一番参考になるということでしょうか。

他院修正の実績が
多いところは
技術力が高い

これまでに施術の失敗など、トラブルはありましたか?

Kさん私自身の目で自信を持って信頼のおけるクリニックを紹介しているので、これまでトラブルはほぼないですね。よく大手クリニックはトラブルが多いと耳にするのですが、私の場合、厳選したところを紹介しているので、トラブルはまだないです。中国のクリニックで美容整形を受けたら仕上がりがひどいから、日本で修正をしたい…というような中国でのトラブルから日本のクリニックを紹介することはよくありますね。この修正の場合、相当技術力の高いクリニックを紹介しないと解決しません

編集部他院修正は難しいケースが多いと言われていますよね。つまり、他院修正を多く行っているクリニックは技術的にお勧めできるということになりますね。
ところで、Kさんとしては勧めたくないのに、患者さんがどうしても●●クリニックじゃなきゃ嫌だ、と言って聞かない場合、どうされますか?

Kさん実は、そういうケースが一度ありました。しかたなく患者さんが希望されたクリニックに連れて行ったのですが、案の定、先生の対応が雑で仕上がりもひどくてトラブルになりそうでした。そこの先生が「すぐ直してあげるから」ということで事なきを得ました。でも、そこには二度と連れていきたくないと思います。患者さんにも、私が勧めるところのほうがいいということがわかっていただけたと思います。

編集部そうだといいですね。中国の方やKさんが紹介するクリニックを選ぶポイントは、これから治療を受けようと思っている日本の患者さんにも大いに参考になりますね。貴重なお話をありがとうございました。

インタビューを終えて

たるみ治療で失敗しない名医の条件とは?

Kさんは医療通訳として中国人と医師やスタッフとの架け橋として手術や治療の現場を数多く見てきていますが、日本人であろうが海外の方であろうが、クリニックを訪れる患者さんたちが求めるのは「成果」だといいます。これはなにもたるみ治療に限ったことではありません。

テレビCMをたくさんやっているから、雑誌でよく見るから、ブログなどでたくさん情報発信しているから…という理由でクリニックを決めることもあると思いますが、患者が医師に求めるのは正しい診断と確かな技術。通常の疾病とは異なり、悩みを抱える患者の望みをかなえるのが医師の務めです。最適かつ最良の治療法で最高の施術してくれる医師こそが、名医と呼ばれるのです。