【口元】パーツ別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

たるみの名医大事典TOP  >  パーツ別に検索 たるみ治療の方法と料金事典  >  【口元】パーツ別たるみ治療の料金相場

たるみ治療の方法と料金事典

口元

【料金相場を先にチェックする】▼ [クリック]

口元のたるみに適した
治療法と料金

ほうれい線も気になるけれど、口の周りの余分な皮膚や縦ジワが気になって仕方がない。まさかこのままおばあちゃんに!?そんな不安を感じているのなら、思い切ってクリニックに飛び込んでみては?それでは早速口元のたるみを解決してくれる施術の種類とその料金相場をチェックしていきましょう。

【口元】切らない治療の料金相場

ヒアルロン酸注入

口コミのたるみ治療の中でも、特に手頃な料金で受けられるのがヒアルロン酸注入です。1回4~10万円ほど。不足したヒアルロン酸をたるみが気になる口元へ注入して、皮膚を引き締めます。

PRP

血小板(PRP)の中には、成長因子を活性化させる成分が含まれています。自分の血液から血小板を取り出して高濃度に濃縮してから、再び体内へ注入。安全性の高い治療で、料金は1回7~30万円ほどです。

サーマクールCPT

口元のたるみへ高周波を照射して、肌に刺激を与えて引き締めます。クリニックによって料金差が大きく、1回あたり9~30万円ほどです。

タイタン

肌の深部・真皮層へ赤外線を照射する治療法。1回あたり4~8万円と、高いクリニックでも10万円以内で収まります。

ウルセラ

肌深部の筋膜SMASにまで働きかけられる照射治療で、高い効果を期待できる施術です。そのぶん、切らない治療の中では料金相場は高く、1回あたり14~40万円ほどになっています。

スプリングスレッドリフト

伸縮性・柔軟性のある糸を使って、口元のたるんだ皮膚を引き上げる治療法です。料金は25~60万円ほど。まだ新しい施術なので業界での相場が定まっておらず、クリニックごとの料金差が大きいようです。

フェザーリフト

突起のある糸を、皮下組織に引っ掛けるように挿入するたるみ治療。クリニックごとの料金差が大きく、料金は1回あたり11~70万円になっています。

3Dリフト

コーン状の突起がついた糸を挿入する治療法。1回あたり3~9万円と、10万円以内で受けられるクリニックが多いようです。

シルエットリフト

従来の糸を使うたるみ治療よりも、皮膚を引き上げる力が増したシルエットリフト。1回あたりの料金は16~30万円と、他の糸系のたるみ治療よりも料金相場が高くなっています。

リードファインリフト

韓国生まれの糸治療。挿入本数によって価格が変わるため、1回あたりの料金相場も6~30万円と幅があります。

ハッピーリフト

ほうれい線を目立たなくさせるのに適したリフト術。料金相場は23~70万円です。

新世代スレッドリフト

挿入するカニューレ針の尖端が丸いため、肌への負担が少ない治療法です。新しい施術でクリニックごとの料金差が大きく、1回あたりの料金相場も4~25万円と大きな差があります。

【口元】切る治療の料金相場

ミニリフト

ごくわずかな切開だけで余分な皮膚の除去と皮膚の引き上げを可能にする、比較的体への負担が少ないたるみ治療。料金相場は切る治療の中では中間的で、1回50~65万円です。

ミディアムリフト

口元を含め、頬から首までの広範囲のたるみを改善できるフェイスリフト。高い効果が得られるぶん、1回90万円と、口元のたるみ治療の中で最も高い料金相場になっています。

バッカルファット除去

口の内側にメスを入れて、脂肪を引き出す治療法。切るたるみ治療の中では最も料金相場が低く、1回20~30万円で受けられます。

【口元】治療相場のまとめ

「切る」「切らない」によって、治療料金の相場が大きく異なります。口元のたるみに適した「切る治療」の料金相場は同じ治療であっても幅がありますが、おおむね1回あたり10~20万程度が中心のようです。

反対に「切らない治療」の場合、20万円で受けられるものから90万の高額な治療までさまざま。効果が高い治療ほど、当然料金も高くなる傾向が見られます。料金の安い・高いだけで治療法を選ぶよりも、料金はあくまでも治療を選ぶ際の条件のひとつと考えるのが◎。自分の口元のたるみを改善するのに適した治療を、総合的に判断するのが良いでしょう。

10年間たるみのない状態をキープする場合にかかる料金

切る治療は1度受けるだけで半永久的な効果が得られます。そのため10年間にかかる料金は、最も料金の高いミディアムリフトであっても、100万円以内。それ以上になることは、ほとんどありません。

反対にヒアルロン酸注入やウルセラなどは効果の持続時間が1年前後のため、10年の間に何度も治療を受ける必要があります。10年間で最も治療費がかかるのが、ウルセラの400万円です。

たるみの目立たない美しい状態をずっと保ちたいと思う人は、1回あたりの料金だけでなく、持続時間や長期的に見た時どれだけの料金がかかるかも調べたうえで、治療法を選ぶのが良いかもしれません。

クリニックによって料金が変わるのは?

美容医療は自由診療になるため、治療にかかる料金を各クリニックで決められます。そのため、どれだけの料金でどこまで対応するのか、クリニックごとに異なります。施術前のカウンセリングに十分な時間を取る、アフターフォローを手厚く対応してくれるなど、リスクを抑えながら理想に近い仕上がりへと導くために力を入れているクリニックでは、そのぶん料金が高くなるケースも。

もちろんコストカットの努力をして、安く質の高いたるみ治療を行なってくれるクリニックもたくさんあります。クリニック選びで大切なのは、医師やスタッフに相談した時の対応力。カウンセリングで話を聞いてくれたか、こちらの希望を汲んでくれたかなど、誠実な対応だったかを基準に選ぶ方法もあります。

口元のたるみの種類と原因

口元のたるみには3つの種類があり、それぞれに原因や治療法が異なります。「皮膚のたるみ」「脂肪のたるみ」「むくみたるみ」の3つです。1つずつ詳しく見ていきましょう。

皮膚のたるみ

加齢により体内でコラーゲンが生成される量が減少し、しなやかさや弾力を失ってしまった皮膚にはしわができます。このようにしてできるシワや小ジワが「皮膚のたるみ」の原因。コラーゲンの生成量を回復させる医療施術によって改善します。

脂肪のたるみ

ほうれい線やマリオネットライン、フェイスラインがたるむのは「脂肪のたるみ」。脂肪のなかにある繊維状の組織が加齢とともに劣化し、垂れ下がってくることで起こります。皮膚の奥にある脂肪層というところに高周波を到達させるサーマクールのような美容医療機器で治療可能です。

むくみたるみ

皮膚の奥にある脂肪層には繊維状の組織があります。この組織の隙間に水分が溜まることで「むくみ」が発生。水分を含んだむくみがその重みで下がってくると「むくみたるみ」になります。脂肪層の余分な水分を除去できる高周波治療機器による改善が可能です。

口元のたるみが進行すると…

たるみが目立つようになると顔が老けて見えてしまいます。放っておくとたるみによってできる顔のしわがどんどん深くなり、老けた印象を強めてしまいます。また、口元のたるみは口角を下げるため、口がへの字になった不機嫌な顔に見られてしまうことも。

口元のたるみは表情筋の筋力低下によっても起こります。たるみが起こっているのに表情筋を鍛えず、無表情なままの時間が長く続くとますます悪化してしまうのです。たるみが気になりだしたら、美容外科で治療を受けたり表情筋を使うようにしたりといった対策を早めに取りましょう。

日常生活で気を付けること

たるみの原因は大きく分けると2つ。「表情筋の筋力低下」と「コラーゲンやエラスチンといった成分の不足」です。表情筋の筋力は、日常生活のなかでなるべく表情筋を意識して使うことで強化することが可能。顔のたるみが目立ってきたら、表情筋を使うよう意識してみましょう。スマホやパソコンに長時間向き合っているとどうしても無表情になりがちです。特にスマホを使う時は顔を下に向けるため、皮膚や脂肪が下にいき、たるみも悪化しやすくなります。スマホ・パソコンを使う時間が長い人は気を付けてください。

たるみの原因のうち「コラーゲンやエラスチンの不足」については高周波治療器を用いて治療する必要があるため、日常生活の努力だけではどうしようもありません。「表情筋を意識して使っているのに口元のたるみが改善しない…」という方は一度美容クリニックに相談してはいかがでしょう。

顔のたるみはココに行きなさい!専門家が
推薦!

たるみ治療の名医ファイル

口元のたるみの名医を見る