【首】パーツ別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

たるみの名医大事典TOP  >  パーツ別に検索 たるみ治療の方法と料金事典  >  【首】パーツ別たるみ治療の料金相場

たるみ治療の方法と料金事典

【料金相場を先にチェックする】▼ [クリック]

首のたるみに適した
整形法と料金

ある程度の年齢になると、首に刻まれるシワが気になりだします。まさに「年齢は首に現れる」ですね…。メイクなどで隠しにくい部分だけに、いったん気になり始めると、悩みは深まる一方。その解決を目指すさまざまな施術の種類や料金相場を見ていきましょう。

【首】切らない治療の料金相場

ボトックス注入

首へボツリヌス毒素を注入して、たるみの原因である広頸筋の働きを弱めます。料金は1回1~8万円。半年から1年の間、効果が持続します。

PRP

体内から血漿(けっしょう)を一度取り出し、有効成分を生成して再び注入します。自分の体内にあった成分をつかうため、アレルギーの可能性が低い治療法です。ただしクリニックごとに生成方法は異なり、1回あたりの料金も6~30万円と幅があります。

PPPプラズマジェル

自分の血小板をジェル状にして、シワやほうれい線、くぼみ部分を物理的に埋める注入法。部位によって注入量が異なるため料金にも差がありますが、首の場合は1回約10万円です。

マイクロCRF注入

体内から取り出した脂肪細胞のうち、上質な脂肪細胞だけを抽出して首のたるみ部分へ注入します。多くの注入系の治療とは違い、効果が半永久的に続く治療法。そのぶん1回の料金は他よりも高く、48~100万円が相場となっています。

サーマクール

首のたるみが気になる部分へ高周波を照射して、肌を引き締める治療法です。マシンの性能差が大きく、料金相場も8~32万円と幅があります。

ウルセラ

照射だけで、肌にメスを入れるリフトアップ術と同程度の効果を得られるのが、ウルセラです。1回の料金は13~40万円と、切らない治療の中では高い料金相場ですが、そのぶん高い効果を得られます。

ポラリス

レーザーと高周波の2つの力で首のたるみに働きかける治療法です。1回あたりの料金は2~5万円とリーズナブル。ただし、効果の持続時間が数カ月と短いため、繰り返し受ける必要があります。

テノール

熱の力で首のたるみを引き締めると同時に、血流・リンパの流れも改善できるテノール。1回あたりの料金は1~6万円とリーズナブルな一方で、効果が続くのは数カ月程度。長期的に見ると、10年で30~180万円かかります。

【首】切る治療の料金相場

ネックリフト

皮膚だけでなく、筋膜も同時に引き上げられる切開術です。1回あたりの料金は35~60万円。ヘアスタイルでカバーしやすい首の付け根や耳の後ろにメスを入れるので、傷跡はあまり目立ちません。

【首】治療相場のまとめ

首のたるみ治療は、1万円代から100万円の治療まで、治療ごとに料金相場が大きく異なります。

「切らない治療」の場合、10万円以内の治療と、30万円前後の治療に分けられるようです。「切る治療」の代表格・ネックリフトは、1回35~65万。マシン施術のサーマクールもクリニックによっては32万円なので、照射系の治療とほぼ同額でリフトアップ術を受けられます。

10年間たるみのない状態をキープする場合にかかる料金

「切らない治療」の場合、10年で数百万円かかるものも少なくない中、切らない治療は1回の施術で高い効果を得られるため、より少ない費用で首のたるみを改善できます。

首のたるみに効果的な「切る治療」のネックリフトは、35~65万円。またメスを使わない治療法で半永久的な効果を得られる「マイクロCRF注入」も48~100万円と、数百万を超えることはありません。首のたるみのない状態を長期間キープするなら、1回ごとの料金だけでなく効果の持続性も確認するのがおすすめです。

クリニックによって料金が変わるのは?

美容医療は、健康保険が適応されない自由診療です。そのため一律の料金がなく、各クリニックが独自に設定しています。当然、高性能なマシンや高いスキルを持つ医師など、質の高い施術を提供できる自信のあるクリニックは、相応の料金設定に。より良い仕上がりや安全性の高さを求めるなら、料金の安さだけでなく、クリニックのこだわりや対応力から選ぶのが良いでしょう。

首がたるむ原因

首にできるたるみは複数の原因が重なってできる場合がほとんど。たるみの原因を一つずつ見ていきましょう。

加齢により広頚筋が弱まる

あごの下から胸の上部にかけて、広頚筋という筋肉があります。口を「イー」と横に広げるときに使われる筋肉です。広頚筋は鍛えておかないと加齢とともに弱まってしまいます。広頚筋が弱まると首にたるみやシワが発生。シワは縦ジワ・横ジワともに現れます。広頚筋を鍛えるトレーニングにより改善することが可能です。

コラーゲン・エラスチンの減少

肌の弾力を維持するのに必要なコラーゲンやエラスチンといった成分が不足し、たるみが起こる場合があります。コラーゲンやエラスチンは加齢や紫外線の影響によって減少する成分。これらが不足すると肌にハリがなくなります。肌が支えきれなくなった脂肪が垂れ下がってきてたるみが生じるのです。コラーゲン生成を活性化させるレーザー治療で改善することができます。

胸鎖乳突筋が凝っている

耳のうしろ辺りから鎖骨にかけて伸びている筋肉が胸鎖乳突筋。パソコンやスマホの画面を見るような、首を固定した姿勢で長時間いると胸鎖乳突筋が凝ってきます。胸鎖乳突筋が凝ると首周りの血管の流れが悪くなり、むくみとたるみが現れます。胸鎖乳突筋は若い人でも凝る筋肉です。長時間パソコンやスマホを使用している人は胸鎖乳突筋の凝りに気をつけましょう。胸鎖乳突筋をマッサージで揉み解すことで改善が期待できます。

日常生活でできる首のたるみ解消法

首にできたたるみをそのまま放置していると深いシワになってしまいます。たるみが現れたらなるべく早めに対処しましょう。

保湿

コラーゲンやエラスチンが不足すると肌のハリが失われ、脂肪が下がってきてたるみが発生。乳液やクリームを使って首の保湿をすると肌にハリが戻り、たるみが改善されます。

姿勢を正す

悪い姿勢を取っていると、首周りの血行が悪くなり、皮膚に負荷がかかるためたるみが現れることも。背筋をまっすぐにすることでたるみ改善が期待できます。

リンパマッサージ

皮膚の下には「リンパ管」という老廃物の排出を促す管があります。リンパの流れを促進するマッサージを行うと、首周りの新陳代謝が良くなりたるみ解消につながるのです。リンパマッサージには顔の血色を良くする効果もあるので、朝に行うといいでしょう。

自宅でできるリンパマッサージの手順
  1. オイルやクリームを首に塗布
  2. 鎖骨のくぼんでいるあたりを軽く押す
  3. 顔を横に倒して、耳の裏から鎖骨にかけてある胸鎖乳突筋を伸ばす。5秒間×5回を目安に左右両方で行う
  4. 両手の親指と人差し指でアゴの周りをマッサージ。アゴの周囲にある老廃物を耳の下に集めるようなイメージで行う
  5. アゴ周りから耳の下へと流した老廃物を、今度は鎖骨へ移動させるように手のひらでさする
  6. 2と同様に、鎖骨のくぼみを軽く押す

紫外線対策

首のたるみは、紫外線でコラーゲンやエラスチンが破壊されることによっても現れます。日焼け止めで紫外線対策をすることが、たるみ対策にもつながります。

顔のたるみはココに行きなさい!通訳が
教える

たるみ治療の名医ファイル

首のたるみの名医を見る