たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

施術別に検索
たるみ治療の方法・料金事典

注入・注射脂肪溶解注射

脂肪溶解注射の費用を先にチェック! ▼ [クリック]

体内に脂肪細胞を溶かす薬剤を注入することで、フェイスラインやボディラインをすっきりさせる脂肪溶解注射。ここでは施術の料金相場やメリット・デメリットなどを紹介していきます。

脂肪溶解注射とは?

痩せたい部位に注入することで理想のラインを実現

脂肪溶解注射は、脂肪細胞を溶かす働きを持った薬剤を注射することで脂肪細胞を分解する美容メニューです。脂肪細胞を溶かして体の外に排出するので、気になるたるみをスッキリ解消。また脂肪細胞そのものの数が減るので、リバウンド予防効果にも期待できます。

注射による施術なので、気になる部分のみの部分痩せが可能。額やまぶた、鼻の脂肪、こめかみといったフェイスラインを整えることができます。

脂肪溶解注射のメカニズム

脂肪細胞に直接アプローチする成分

脂肪溶解注射の主成分は「フォスファチジルコリン」という、主に大豆から抽出される成分。脂質の代謝を高めて、血管壁にくっついているコレステロールを溶かす働きがあります。

この働きによって脂肪細胞が溶かされ、体外へと排出を促してくれるのです。またフォスファチジルコリンと一緒に、脂肪溶解注射に含まれていることの多い成分が「デオキシコール酸」です。デオキシコール酸には脂肪細胞の細胞膜を破壊する作用がアメリカの厚生労働省であるFDAによって認められています。

脂肪細胞の細胞膜が破壊されることで代謝しやすくなり、脂肪の排出を助けてくれるのです。脂肪溶解注射にはフォスファチジルコリンやデオキシコール酸以外にも、脂肪溶解をサポートする働きをもった成分がブレンドされています。

クリニックによって使用している薬剤が異なることがあるので、詳しくは医師に確認してみると良いでしょう。

メリット
・メスを入れないので肌に傷跡が残らない
・注射による施術なので麻酔の必要がない
・ピンポイントでの部分痩せができる
・脂肪細胞そのものを減らすのでリバウンドの可能性が低い
・入院の必要がなく、ダウンタイムも短い
・施術後は普段通りの生活ができる
デメリット
・何度か受けないと効果を実感できない
・人によってはまったく効果を実感できない可能性がある
・脂肪溶解注射の薬剤による腫れや痛みが出ることがある

どこのしわ・たるみ向きか

顔や腕などボディについてしまった脂肪によるたるみ

持続時間

半永久的

施術時間

約10分

リフトアップの種類

注射

仕上がりの自然さ

かなり自然

副作用・リスク

脂肪溶解注射の副作用やリスクはほとんどありません。まれに注射針が血管や神経を傷つけてしまい、赤みや腫れが出ることがあります。

ごくまれですが、薬剤が身体に合わない場合アナフィラキシーショック起こすリスクも。施術後、倦怠感・頭痛・蕁麻疹・発熱・咳・冷や汗など体に異変を感じた場合には、必ず医師に相談するようにしましょう。

脂肪溶解注射が向いている人

  • ダイエットしても痩せない人
  • 下腹や二の腕、お尻のたるみが気になる人
  • リバウンドしやすい人
  • 運動が苦手な人
  • セルライトを減らしたい人

脂肪溶解注射が向いていない人

  • 糖尿病や高血圧といった持病をお持ちの人
  • 心疾患や腎疾患、甲状腺機能亢進症の人
  • レシチン(大豆)アレルギーの人
  • 注射希望部位に傷などの炎症がある人
  • 血液凝固障害のある人

ダウンタイム

脂肪溶解注射のダウンタイムは施術直後のみ。注射針を刺した部位が赤く腫れたり、突っ張った感じになったりすることがあります。

しかし、当日もしくは翌日には腫れが引くケースがほとんど。注射針を刺した部位を避ければメイクも施術当日から可能です。

また薬剤を入れたことによる肌の膨らみを感じることがあります。人によっては、筋肉痛のような痛みが伴うことも。いずれの場合も1週間程度で治まるケースがほとんどです。

安全性

脂肪溶解注射で使用されている薬剤は、美容クリニックによって異なります。とは言っても、脂肪溶解注射の薬剤として採用されている成分は、脂肪肝や高脂血症の治療に使われていたものがほとんど。

もともと病気の治療に使われてる成分ですので、安全性は高い治療といえるでしょう。しかし、体質によっては重大な副作用を起こす可能性もあるため、施術を受ける際には医師の診断を受ける必要があります。

持続時間

効果は半永久的に続きます。脂肪溶解注射は、脂肪によるたるみを解消する美容メニューです。分解された脂肪細胞はそのまま体外に排出されるため、再生することはありません。

体型の維持のためのカロリー制限や適度な運動を行えば、効果は半永久的に実感できるでしょう。

治療の流れ

1:カウンセリング

施術を受ける前は、医師としっかりとコミュニケーションをとることが大切です。たるみが気になる部位や理想のイメージを伝えて、自分が求めている仕上がりになるかどうかを確認しましょう。

また脂肪溶解注射は、クリニックによって採用されている薬剤が異なる場合もあります。医療行為であるため、副作用やリスクがある可能性もあります。 不安や気になる点があれば必ず質問しておきましょう。

2:施術

脂肪溶解注射をカウンセリングで決めた部位に注入していきます。施術時間は10分程度。注射による施術のため、麻酔なしでの施術になりますが、痛みが心配な人は麻酔クリームを塗ってもらうこともできます。

3:施術後(ダウンタイム)

痛みやしびれなどの体調不良がなければ、施術後すぐに帰宅できます。注射した部位を避ければ、化粧も当日から可能。1回目で効果を実感できるケースもありますが、ほとんどの方の場合は3~5回ほど継続して施術を受ける必要があります。

脂肪溶解注射の適用部位

脂肪細胞のあるほとんどの部位に適応可能です。ただし、脂肪溶解注射の薬剤の種類によっては施術できない部位もあります。

顔全体

脂肪溶解注射は、ピンポイントで脂肪によるたるみを解消できます。額(前額部)や上まぶた(上眼瞼)といった細かな部位にも注入できるので、気になるたるみや、たるみによってできたしわも改善。

頬に注入すれば、たるみによるほうれい線にもアプローチ可能。くっきりと出ているほうれい線が目立たなくなり、若見え効果にも期待できます。また下ほほやあご部分に注射することで、理想のフェイスラインも目指せますよ。

ボディ

脂肪溶解注射は、痩せにくいおなか周りや二の腕、背中、太ももといった部位にも注入できます。しかし脂肪溶解注射は薬剤を注入した部位をピンポイントにサイズダウンさせる施術のため、広い範囲のたるみ解消やボディラインを整えることには向いていません。

二の腕やふくらはぎを細くしたい!という女性におすすめです。

脂肪溶解注射と他の注入治療との違い

たるみに効果的な注入治療といえば、ボトックスやヒアルロン酸注射が有名です。どちらもしわ・たるみに対して効果を発揮してくれますが、脂肪溶解注射はたるみに対してのアプローチ方法が異なります。

脂肪溶解注射はたるんだ「脂肪」を除去。ヒアルロン酸は「水分量」がたりなくてたるんだ肌に、ハリと潤いを与えてくれます。

ボトックスは「筋肉」によって作り出されたたるみに、筋肉の動きを抑えることで改善を促します。

どの治療法が自分に合っているのかは、医師の診断の元選ぶとよいでしょう。ただ、たるみの原因は1つとは限らないため、いくつかの施術を勧められる可能性もあります。

その時は優先順位を決めて施術を受ける順番を考えましょう。

脂肪溶解注射の料金相場

料金相場は1本あたり16,000円~20,000円ほど。クリニックによっては初回限定キャンペーンや割安のセットプランなども用意されています。1本でカバーできる範囲は、だいたい手のひらぐらいのサイズ。たるみの程度によっても異なりますが、上まぶたのたるみなら1本・ほうれい線のたるみなら1~2本程度が目安です。

顔やフェイスラインのたるみで悩んでいる方は1本あたりの価格で、下腹部やふくらはぎが気になる方はセットプランの価格で比較してみると良いでしょう。

クリニック別 脂肪溶解注射の料金例

脂肪溶解注射を扱っている美容外科をピックアップして紹介します。クリニックごとの費用例やおすすめポイントをまとめているので、ぜひチェックしてください。

セオリークリニック

1本 16,200円
6本 1本あたり13,500円

女性のわがままを叶えてくれるクリニック

「わがまま美ボディメイク」をコンセプトに掲げて、理想のボディラインをつくるお手伝いをしてくれるセオリークリニック。さまざまなたるみ治療を扱っており、一人ひとりの希望や症状にあわせたオーダーメイドの施術を提供しています

使用している脂肪溶解注射の主成分は王道の「ホスファチジルコリン」。脂肪細胞を乳化して分解させる作用があり、気になる部位のサイズダウンはもちろん、脂肪細胞そのものが減るのでリバウンドしづらい体も手に入れられます。

また、きめ細かなカウンセリングと医師の丁寧な施術もセオリークリニックの特徴。初めて脂肪溶解注射を受ける女性におすすめのクリニックです。

オザキクリニック

1本 19,800円
2~9本 1本あたり14,800円
10本以上 1本あたり8,600円
20本以上 1本あたり8,100円

選べる料金プランが魅力

オザキクリニックの特徴は、バリエーション豊かな料金プラン。1本から20本以上まで、気になる部位の範囲に合わせて選ぶことができます。20本以上の場合は1本あたり8,100円、1本のみの費用と比べると半額以下というお得感。

提供している脂肪溶解注射はもちろん高品質。脂肪細胞を破壊する「デオキシコール酸」をはじめ、こだわりの有効成分が8種類配合されています。これらの有効成分がもたらす脂肪分解・血液循環の向上・リンパ循環UPの3つの作用によって、溶かした脂肪が排出されやすくなり、部分痩せ効果が実感しやすくなります。

共立美容外科

1本 16,200円

植物由来の成分をブレンドした脂肪溶解注射

従来の脂肪溶解注射の主成分は「フォスファチジルコリン」という大豆から抽出された成分でした。ですが、共立美容外科が使用するのは植物由来の成分をブレンドしたもの。術後のむくみや熱感が生じにくく、ダウンタイムを短縮できるのがポイントです。

また、希望によって選べる2種類の注射針を用意。従来の固い注射針か、針先が丸くなっていて毛細血管を傷つけにくい「マイクロカニューレ」かを選ぶことができます。オプションメニューなのでプラス3,240円かかりますが、内出血が起きにくくなりダウンタイムがより短くなります。

たるみ治療名医・クリニック事典医療通訳が
選ぶ
注入・注射治療編

注入治療が得意なクリニックを見る