【フォトRF】施術別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

施術別に検索
たるみ治療の方法・料金事典

高周波・超音波・レーザーフォトRF

フォトRFの料金を先にチェック!▼ [クリック]

気になるエイジング現象・たるみを簡単に改善する美容マシンとして、人気が高いフォトRF。その施術費用は一体どのくらいかかるのか、気になるところだと思います。以下に部位別の相場をリサーチしていきましょう。

フォトRFとは?

光エネルギーと高周波を組み合わせたマシン

フォトRFとは、光エネルギー(IPL)を進化させたアドバンスト・パルス・ライト(APL)と高周波エネルギー(RF)を持ち併せた治療機器です。

光エネルギーには黒い色に反応する性質があり、シミ・くすみ・赤ら顔といった色味に作用します。高周波は、メラニンや血管の色味とは無関係に働くエネルギーです。そのため、表皮のメラニンやヘモグロビンに影響されることなく、高周波の熱エネルギーを効率的に肌の奥へ届けられます。

光エネルギーには、効果を上げようと照射出力を大きくしてしまうと、強い痛みやヤケドを生じる場合があります。ですが、光エネルギーと高周波エネルギーを組み合わせると、小さな出力でも高い効果が期待できるのです。光エネルギーによる痛みや火傷のリスクを抑えながら、高周波の電気熱によって真皮層のコラーゲン生成が促進されます。

真皮層のコラーゲンを増やしてたるみを軽減

真皮層のコラーゲンが増えることで肌のハリや弾力がアップし、シワ・たるみ軽減につながります。フォトRFによる治療を何度も受けていると、肌そのもののコラーゲン生成力も活性化。治療を繰り返すことで、肌の老化防止も期待できます。

フォトRFの効果はシワ・たるみの軽減だけではありません。シミ・くすみ・毛穴の開き・黒ずみ・ニキビ・赤ら顔などにも効果を発揮してくれます。

シミ・くすみに効くのは、メラニンの黒い色に光エネルギーが作用するため。高周波も肌の再生力を高めてくれるので、シミを中からキレイにします。

毛穴の開き・黒ずみでは、光エネルギーがメラニンの多い皮膚に吸収されて、肌の黒ずみを薄めてくれるのです。高周波も真皮層に届くため、肌の弾力アップに必要なコラーゲンを生成して毛穴に働きかけます。

ニキビ・赤ら顔には、光と高周波の2つのエネルギーが真皮層や皮下組織に積極的に働きかけます。その作用によって肌の自己治癒力を高め、ニキビのできにくい肌に近づけてくれるのです。

副作用

肌がヤケドを起こす

黒や赤のような色の濃い部分に熱ダメージを与えてくれるフォトRF。機器の照射出力を強くすればするほど、ヤケドを生じる恐れが高まります。フォトRFを受けて、ヤケドにより肌が赤くなったりかさぶたになったりしたという声も。施術を行う人の腕にもよると言われていますが、はじめは弱い出力で様子を見て、少しずつ上げていくと良いでしょう。

炎症性色素沈着があらわれる

フォトRFの施術後は、シミやそばかすなどに強く反応して濃く出るようになり、しばらくするとその部分がかさぶたになります。このかさぶたは術後10日~2週間ほど経つと自然に剥がれ落ちてきますが、それまでに無理矢理剥がす行為は絶対にNGです。できたばかりの未完成な皮膚が表面に出てくるので、炎症性色素沈着を引き起こす恐れが高まります。

ダウンタイム

フォトRFを受けてすぐは、多少のほてりや赤みなどの症状が生じる場合があります。しかし、ほとんどの場合で当日~翌日中には治まるので、あまり心配はいりません。また、照射直後は肌の新陳代謝が促進されているため、肌の中に溜まっている老廃物が外に追い出されます。そのせいで一時的にニキビのような症状が出る可能性もありますが、1週間もすれば自然に治るので問題ありません。

術後の痛み・腫れ・内出血などのダウンタイムはほとんどなく、治療した当日から化粧が可能です。大事な予定がある前に治療を受けてもOK。針やメスを使わないので、痛みが苦手な方でも安心して施術を受けられます。

フォトRFが向いている人

クリニックでフェイシャルの治療を初めて行う人に、フォトRFは向いています。光エネルギーと高周波エネルギーを併せた医療機器で、痛みや腫れといったダウンタイムがほとんどありません。たるみが気になるけれど、痛みのある治療はちょっと…という人もフォトRFは向いています。

また、フォトRFはたるみだけでなく、シワ・シミ・くすみなどにも効果的です。シミやたるみ、くすみなど複数の症状を引き起こしている人にも向いています。ただし、フォトRFは1度の施術では効果を実感できない方も多いようです。受ける際は、自分の症状には何回フォトRFを受けるのが良いのかを、医師に確認しておくと良いでしょう。

ほかのたるみ治療レーザーとの違い

フォトRFと同様の効果を示す治療機器に、ポラリスというレーザー機器があります。異なる部分は、肌の奥までエネルギーが行き届くことと治療による痛みです。フォトRFに使われる高周波は、メラニンやヘモグロビンなどの色素に吸収されません。そのため、肌の色に関係なく真皮層まで熱エネルギーを届けられます。

一方ポラリスは、ダイオードレーザーと高周波を組み合わせた治療機器です。ダイオードレーザーは色に反応して吸収される特性を持っていて、メラニンやヘモグロビンに強く反応します。

そのため、フォトRFと違って熱エネルギーが真皮層まで届きにくいのです。また、ダイオードレーザーは色に反応する性質上、日焼けがある人には皮膚に刺激となり、痛みが伴うおそれがあるので照射はおすすめできません。以上の2点からフォトRFはポラリスよりも痛みが少なく、効果が期待できると言えるでしょう。

フォトRFのたるみ治療
 部位別料金例

さまざまなエイジング悩みに対応可能な、フォトRFは、導入クリニックも数多くなっています。ただし「フォトRFアドバンス」は、どちらかというとシミの改善向けです。施術前に、よく医師に確認するようにしましょう。

顔全体(輪郭)

顔の中のさまざまなエイジングにアプローチ!

フォトRFは、顔の中でたるみの気になるさまざまな部位にアプローチしていく力があります。そのため、ほとんどのクリニックで「部位別」ではなく「顔全体」で1回いくら、という料金体系が設けられているようです。

顔全体(輪郭)

顔の中のさまざまなエイジングにアプローチ!

フォトRFは、顔の中でたるみの気になるさまざまな部位にアプローチしていく力があります。そのため、ほとんどのクリニックで「部位別」ではなく「顔全体」で1回いくら、という料金体系が設けられているようです。

目元顔全体(輪郭)

顔の中のさまざまなエイジングにアプローチ!

フォトRFは、顔の中でたるみの気になるさまざまな部位にアプローチしていく力があります。そのため、ほとんどのクリニックで「部位別」ではなく「顔全体」で1回いくら、という料金体系が設けられているようです。

顔全体(輪郭)

顔の中のさまざまなエイジングにアプローチ!

フォトRFは、顔の中でたるみの気になるさまざまな部位にアプローチしていく力があります。そのため、ほとんどのクリニックで「部位別」ではなく「顔全体」で1回いくら、という料金体系が設けられているようです。

口元顔全体(輪郭)

顔の中のさまざまなエイジングにアプローチ!

フォトRFは、顔の中でたるみの気になるさまざまな部位にアプローチしていく力があります。そのため、ほとんどのクリニックで「部位別」ではなく「顔全体」で1回いくら、という料金体系が設けられているようです。

顔全体(輪郭)

顔の中のさまざまなエイジングにアプローチ!

フォトRFは、顔の中でたるみの気になるさまざまな部位にアプローチしていく力があります。そのため、ほとんどのクリニックで「部位別」ではなく「顔全体」で1回いくら、という料金体系が設けられているようです。

フォトRFの
種類別料金相場

フォトRFは美容マシンの中でも比較的歴史が長く、1990年代の後半に登場。いくつかの代表的な機器があります。また、他のマシンとの組み合わせ治療も人気。費用設定はクリニックにより異なるので、事前にチェックを。

フォトRFオーロラ

多目的対応型の美肌マシンとして有名

色に反応する光エネルギーを活用するため、シミやそばかすの改善や脱毛にも用いられているマシンです。また同時に、高周波の力で皮膚内部のコラーゲンやエラスチン生成を活性化させます。

どんなたるみにおすすめか
肌のたるみやシワ、くすみやシミを改善するのに向く
メリット
・1回の照射で、肌のさまざまなエイジング現象にアプローチ可能
・比較的効果が早く出る
デメリット
・効果実感は早いと言われるが、人によっては何度かの通院が必要
・レーザー治療ほどではないものの、施術中に痛みはある
価格相場

1回3万円程度

フォトRFアドバンス

シミに悩む人はオーロラよりこちら

フォトRFオーロラと基本的な性能は変わらないものの、照射ヘッドを「波長が広くパルス幅が短い」ものに替えて治療することが可能なマシンです。このため、シミや赤みの治療にはより効果的です。

どんなたるみにおすすめか
肌のくすみ、シミなどを改善するのに向く
メリット
・施術中の痛みが少ない
・FDA(米食品医薬局)に認められているマシンなので、安心感がある
デメリット
・施術後数日に渡ってかさぶたができるなどのダウンタイム有
・1回の施術では効果が出ないので、数回通院の必要有
価格相場

1回1万5,000~2万円程度

フォトRFリファーム

シネロン社製マシンの美肌コラボレーション

イスラエル・シネロン社製の「フォトRF」で皮膚の深部にまでアプローチし、さらに同会社製の「リファーム」で皮膚の浅い部分にもアプローチすることで、肌全体の若返りを図る組み合わせ治療(単体マシンの名称ではない)。

どんなたるみにおすすめか
肌のたるみや小じわ、毛穴開きやくすみなどを改善するのに向く
メリット
・表皮と真皮にWアプローチすることで、単体での治療より高い効果を実感できる
デメリット
・1回では十分な効果が得られないため、数回の通院が必要
価格相場

1回3万円程度

たるみ治療名医・クリニック事典医療通訳が
選ぶ
高周波・超音波・レーザー編

高周波・超音波・レーザー
治療の名医を見る