【再生医療】施術別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

たるみの名医大事典TOP  >  施術別に検索 たるみ治療の方法・料金事典  >  自身の細胞を利用するたるみ治療「再生治療」の料金相場

たるみ治療の方法・料金事典再生治療

自分自身の細胞を
利用する治療法

エイジング現象改善のため、肌に「何か」を注入する治療法は数多くありますが、本項で紹介する治療法は、これらと一線を画す意味で「再生治療」と呼ばれます。その理由は、自身の血液に含まれる血漿などを活用するから。アレルギーが起こる可能性が少なくて、さらに肌にメスを入れるリスクもない方法です。その効果持続は半年~数年。費用は他の注入法よりも高くなっており、サーマクールなどのマシン施術と同様の価格帯となっています。

注入・注射による
たるみ治療の料金早見表

再生治療とは?

再生治療とは、自分の血液に含まれる有効成分や肌細胞を利用して肌のたるみやシワ、くまなどを改善する最新の治療法です。ほうれい線や肌のくぼみ、あごや鼻筋の補正にも利用されています。代表される再生治療は「PRP療法」「グロースファクター注射」「PPP(プラズマジェル)注入」の3つ。従来の注入施術と言えばほとんどが有効成分を肌に注入するものでしたが、再生治療は自分の血液に含まれる有効成分や、肌細胞を利用した成長因子を注入。もともと体内に存在する成長因子を注入するため、アレルギー発症や拒絶反応を起こす心配がない安全性の高い治療です。

たるみやシワが生じている部分に再生治療を施すと、成長因子の働きによりコラーゲン生成を活性化。皮膚や粘膜を形成する上皮細胞の成長も促進させます。肌のハリや弾力がアップすることで、たるみ改善に繋がるのです。

副作用

自分の血液や肌細胞を活用した治療法なので特に副作用はありませんが、受ける再生治療の種類によっては注入した場所にしこりができるおそれがあります。例えばPRP療法で「塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)」という成長因子が配合されていた場合や、余分にグロースファクターを注入したときに副作用としてあらわれるそうです。「成長因子配合」とされているPRP療法を避け、注入するグロースファクターの量をコントロールすることで、しこりが出るリスクが軽減できます。

痛み、ダウンタイム

採血する際に、チクっと注射の痛みがある程度です。痛みが苦手な方は麻酔クリームを利用することができます。ダウンタイムは再生治療の種類によってさまざまです。PRP療法だと腫れが1~3日程度で、内出血は1週間で回復。PPP(プラズマジェル)注入はまれに赤みや腫れが生じる場合がありますが、1~2週間程度で引いていきます。グロースファクター注射は腫れや痛みはほとんどありません。

再生医療に向いている人

  • 目の下のたるみを解消したい方
  • 目の下のたるみが原因で周りから疲れている印象を持たれている方
  • まぶたや目尻といった目元全体のたるみに悩んでいる方
  • 手術をしないでたるみを改善させたい方
  • 自然な仕上がりになる治療を受けたい方
  • 痛みやダウンタイムが少ない治療を受けたい方
たるみ治療名医・クリニック事典医療通訳が
選ぶ
再生治療編

再生治療が得意な
クリニックを見る