【セリューション(セルーション)】施術別たるみ治療の費用相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

たるみの名医大事典TOP  >  施術別に検索 たるみ治療の方法・料金事典  >  自身の細胞を利用するたるみ治療「再生治療」の料金相場  >  【セリューション(セルーション)】施術別たるみ治療の費用相場
施術別に検索
たるみ治療の方法・料金事典

再生治療セリューション

気になるセリューションの費用を
先にチェック!▼ [クリック]

このページでは、セリューションの料金や副作用などについてまとめています。自分の脂肪組織から、幹細胞を取り出して再注入するセリューション施術。幹細胞は活性化させてから使用します。豊胸手術で使われることが多い治療法ですが、たるみ治療に用いられることもあるようです。

セリューション療法とは?

自分の脂肪幹細胞を使った
注入治療

セリューション療法とはどんなもの?

セリューション療法は、セリューションシステムを用いて抽出した幹細胞を注入する治療法です。幹細胞を抽出するのは、自分自身の脂肪細胞からです。他人のものではないため、生着率が良くアレルギー反応も起きにくいと言われています。

幹細胞には2種類あります。1つは、胚性幹細胞と呼ばれるもの。多種多様な臓器を作り出すことができ、再生医療の世界では期待されている分野です。ちなみに、数年前に話題となったiPS細胞は人工的に作られた幹細胞です。

美容整形で使われているのは、目的が決まっている幹細胞です。皮膚なら皮膚、血液なら血液にしかなりません。セリューションで使われるのは、脂肪細胞から取り出した脂肪幹細胞です。つまり、成長すると脂肪になる細胞ということ。脂肪細胞をそのまま注入するよりも、生着率が高いとされているようですが、幹細胞だけを注入する場合もあれば、脂肪細胞と混ぜて注入する場合もあるようです。

セリューション療法でできること

脂肪から取り出した幹細胞を注入することで、凹みやたるみなどに膨らみをもたせることができます。豊胸や乳房再生で主に利用されているのも、膨らみが持たせられる点です。

ふっくらとさせたい部位は、胸だけに限りません。ほうれい線やたるみが気になる部分にも、セリューション療法を用いることで若見えを実現できます。幹細胞が定着すれば、脂肪細胞となりどんどん増え、ピンと張った印象になるでしょう。

セリューションでたるみ治療を受けるには

セリューション療法自体が新しい療法のため、まだまだ実際に治療を行っているクリニックは少ないようです。豊胸手術にセリューション療法を取り入れているクリニックであれば、問い合わせてみるといいかもしれません。

セリューション治療のメリット

脂肪細胞となり増殖する幹細胞の注入は、1回の施術で半永久的な効果の持続が望めます。もちろん、生着率は人それぞれのため、思ったよりもふっくらしなかった、というケースもあるようです。

ボトックスやヒアルロン酸といった成分の注入は、異物感があって受け入れにくい方でも、自分の脂肪細胞から取り出した幹細胞なら、抵抗なく使用できるというケースもあります。

セリューション治療のデメリット

セリューションで幹細胞を抽出するのには、自身の脂肪が必要です。そのため、あまり脂肪のついていない人は、抽出できる量が限られているため、欲しいだけの幹細胞を取り出せなかもしれません。

脂肪を取り出し、幹細胞を抽出、その後希望箇所に注入するといった作業に、時間がかかることがあります。豊胸手術の場合は、バッグ挿入やコンデンスリッチ豊胸手術よりも時間がかかるので、時間を確保して施術に臨みましょう。

その他、死んでしまっている細胞(死活細胞)が除去されていないため、思うような効果が得にくかったり、作業に使用している酵素が幹細胞を変異させてしまう可能性があるといったリスクがデメリットとなります。

セリューション治療の
副作用やトラブル

しこりや腫れなどが代表的

主に豊胸手術の副作用やトラブル例になりますが、「しこりができた」「石灰化がおきた」「腫れや赤みがでた」などがあります。

しこり

注入量が適切でなかったり、注入箇所を誤ってしまったりするとしこりが出来るおそれがあります。また、注入後に細胞が上手く生着せずに壊死してしまうことでも起こります。酷い場合は、肌の表面がでこぼこになってしまうことも。注入治療の実績のある医師やクリニック選びが重要です。

セリューション治療は、比較的新しい治療法。そのため、経験やノウハウがまだ全国までは行き渡っていないのです。セリューション治療受ける際は、取り入れている複数のクリニックでカウンセリングを受けるのが良いでしょう。

石灰化

しこりの周りをかこむように起こるのが石灰化です。しこりが無くても、細かな石灰化が起こるケースがあります。乳がん検査で引っかかることがあるため、正しい検査が行いにくくなることもあるようです。

腫れや赤み

注入した幹細胞や脂肪細胞が体に合わない場合、体は異物と判断します。すると、アレルギー反応が起きてしまい腫れてしまうことも。自身の脂肪細胞を使っているので、アレルギー反応は起きにくいとされていますが、稀に起こるケースがあるようです。

また、注入する際に組織や血管を傷つけてしまった場合にも生じます。傷付いたことが原因の腫れや赤みは、時間がたつと自然に消えていくでしょう。しかし、稀に色素沈着が起こる可能性があるため、気になるときは医師に相談するようにしましょう。

セリューションの
痛みやダウンタイム

麻酔使用で痛みを感じず
治療が受けられる

セリューション治療では、注入箇所により麻酔を使用します。麻酔の種類は、全身麻酔・硬膜外麻酔・麻酔クリーム、笑気ガス麻酔などです。麻酔をするため、施術中は痛みを感じません。

豊胸手術の場合のダウンタイムは、14日前後とされています。胸より注入量の少ない顔の施術でも、定着期間と考えると概ね同じくらいでしょう。注入箇所が気になっても、あまり触らないようにしてください。しっかりと定着する前に、力を加えてしまうと形が崩れたり、きちんと定着しなかったりします。

セリューション療法が向いている人

  • 脂肪の採取が可能な人
  • 切開や糸を使った治療は避けたい人
  • 新しい治療法にチャレンジしたい人

他の再生治療との違い

いちばんの違いは生着率

シワやたるみの治療でよく使われるのが、ヒアルロン酸やボトックスです。安全性が高い製剤を使っての治療が行われていますが、半年から1年程で体に吸収されてしまい、効果が無くなってしまいます。

対して、脂肪注入やセリューション治療は組織が定着するので、高い持続効果が期待できるのです。上手くいけば、半永久的に効果が保てるため、1回の施術で済み、通院の手間がかかりません。しかし、やはり体にもともとある組織のため新陳代謝を繰り返すことで効果が薄れたり、上手く定着しないといったこともあります。

そうしたなかでも、セリューションは注入した約8割が生着するとされている治療法です。これは、すでに出来上がっている脂肪細胞を注入するのではなく、これから脂肪細胞へ分化する増殖機能を備えた幹細胞を注入するためです。

シリコンやバッグを挿入する即効性のある豊胸術もあります。これらは、セリューションに比べて安価で短時間の施術です。シリコンやバッグの種類により、持続期間も半永久的なようですが、バッグが破れたりするといったトラブルも。注入治療は、組織に直に成分を入れ込むため破れるようなトラブルも起きにくくなっています。

セリューションの
たるみ治療料金

セリューションを使ったたるみ治療が始っています。顔への注入を行っているクリニックでの料金についてまとめました。

たるみ治療顔全体(輪郭)

たるみ治療でエイジングケア!

セリューションのたるみ治療について料金相場などを調べてみました。しかし、ほうれい線やゴルゴラインのような顔に関する施術で、セリューションを取り入れているクリニックは、まだほとんどありませんでした。価格は、実施しているクリニックから引用しています。

費用参考元
湘南美容外科|セルーション

※2019年8月現在の料金を記載しています

豊胸・乳房再建顔全体(輪郭)

ふっくらバストで脱コンプレックス!

セリューション治療で一般的な豊胸手術の費用を調べてみました。セリューションを使った豊胸手術では、40万円程度から200万円ほどかかることもあるようです。クリニックよって、麻酔代や薬代まで込みの場合があります。

病気や事故によって乳房を再建する場合は保険適用で手術が受けられます。その場合の費用相場は30万円から60万円ほどです。保険適用で、実質は10万円程度となります。下記の表では、自己負担による費用を掲載しています。

セリューションの
特徴と料金相場

セリューション治療は、たるみや凹みが気になる部分に、自分の幹細胞を注入する治療法です。脂肪細胞を注入する方法と合わせて行われることもあります。価格は、血小板を注入するPRP、ヒアルロン酸やボトックス注射などに比べると高額です。

顔にかんする施術の情報はまだあまり無く、美容クリニックでは、豊胸手術の1つとして行われていることがほとんどです。たるみやシワの治療としてセリューションを受けたい場合は、実施しているクリニック探しから始めることとなります。

セリューション

豊胸手術や乳房再建に使われている治療法

美容目的の他、乳がんなどで乳房を無くしてしまった方に対する再生医療としても注目を集めている方法です。取り出した脂肪細胞のみを注入するよりも生着率が高いとされています。幹細胞を始めに注入し、あとから脂肪細胞を注入する方法も取られているようです。

どんなたるみにおすすめか
2019年現在では、主に豊胸手術でつかわれている。しかし、たるみや凹みといった症状に有効とされ、取り入れているクリニックも出始めている
メリット
自分自身の脂肪細胞から抽出した幹細胞を使用するため、アレルギーの心配が少ない
デメリット
稀にアレルギーやしこり、石灰化などが起こる
価格相場

セリューション治療
(顔全体)約65万円

たるみ治療名医・クリニック事典医療通訳が
選ぶ
再生治療編

再生治療が得意な
クリニックを見る