【グロースファクター注射】施術別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

施術別に検索
たるみ治療の方法・料金事典

再生治療グロースファクター

気になるグロース
ファクター注射の価格は

気になるエイジング現象・たるみを簡単に改善する美容施術として、人気が高いグロースファクター注射。その施術費用は一体どのくらいかかるのか、気になるところだと思います。以下に部位別の相場をリサーチしていきましょう。

グロースファクター注射の
たるみ治療 部位別・料金例

エイジングが気になる部分に成長因子を注入する「グロースファクター」注射は、安全性も高く導入クリニックも数多くなっています。価格例を部位別にチェックしていきますので、以下をご確認ください。

ほうれい線顔全体(輪郭)

最も気になるエイジング・ほうれい線を改善!

多くのクリニックで「顔全体で1回いくら」という価格体系が設けられています。また部位別の価格が提示されていても、実質的には同額なことが多い様子。グロースファクター水光注射は、導入医院が少ないのが現状です。

ゴルゴライン顔全体(輪郭)

部位別より、1回いくらで計算される

多くのクリニックで「顔全体で1回いくら」という価格体系が設けられています。また部位別の価格が提示されていても、実質的には同額なことが多い様子。グロースファクター水光注射は、導入医院が少ないのが現状です。

マリオネットライン顔全体(輪郭)

部位別より、1回いくらで計算される

多くのクリニックで「顔全体で1回いくら」という価格体系が設けられています。また部位別の価格が提示されていても、実質的には同額なことが多い様子。グロースファクター水光注射は、導入医院が少ないのが現状です。

顔全体(輪郭)

部位別より、1回いくらで計算される

多くのクリニックで「顔全体で1回いくら」という価格体系が設けられています。また部位別の価格が提示されていても、実質的には同額なことが多い様子。グロースファクター水光注射は、導入医院が少ないのが現状です。

グロースファクター注射の
種類別特徴と価格相場

グロースファクター注射はリフトアップ手術に比べ肌へのダメージは少なく、安全な施術として人気が高くなっています。その価格設定や症例実績はクリニックにより異なるので、事前にチェックしておきましょう。

グロースファクター注射

加齢とともに減少する成長因子を補う

グロースファクターとは、体内の細胞増殖をコントロールする働きを持つタンパク質の一種。FGF(線維芽細胞成長因子)と表記されることも多くなっています。人間の体内にもともと存在しているのですが、加齢とともに生成量が減少します。そこで注射により補おうというのが、この治療法の特徴です。

どんなたるみにおすすめか
ほうれい線やシワ、クマ、くぼみを改善するのに向く
メリット
・ゆるやかに効果が現れ、比較的長期間持続する ・アレルギーリスクは少ない ・変化が自然なので、周囲に気付かれにくい
デメリット
・化学物質(細胞成長因子FGF)の影響で、注入箇所が不自然に膨らむケースがある ・効果は永続しない
価格相場

ほうれい線

8万5,000円

ゴルゴライン

8万5,000円

マリオネットライン

8万5,000円

8万5,000円

グロースファクター水光注射(グロースファクター・マイクロインジェクション)

水光注射に用いられる専用マシンでの注入

グロースファクター水光注射(グロースファクター・マイクロインジェクション)は、通常のグロースファクター注射のように注射器を使用するのではなく、「水光注射」に用いられるマシンでグロースファクターを注入する方法です。ハンコ注射の要領で、正確かつ均一な注入が可能。ダウンタイムも少なめとなっています。

どんなたるみにおすすめか
ほうれい線やシワ、クマ、くぼみを改善するのに向く
メリット
・人間の手による注射よりも、正確で均一な注入が可能 ・痛みやダウンタイムが少ない
デメリット
・注入範囲が均一な分、浅い範囲にしか注入できない ・効果は永続しない
価格相場

グロースファクター水光注射(グロースファクター・マイクロインジェクション)は、導入クリニックが少ないため、相場が出しにくくなっています。1回5万~10万円程度が目安と言えそうです。

グロースファクター注射とは?

グロースファクターはもともと体内に存在する成長因子のことです。コラーゲンを作る働きのある線維芽細胞を活性化して増殖させる作用があります。顔のたるみは、紫外線から受けるダメージによって起きるコラーゲンの減少が原因です。グロースファクターを注入することにより新しいコラーゲンが生成され、皮膚のハリや潤いがアップ。その結果、顔のたるみが改善されます。そのほかにも下がっていた皮膚がリフトアップしたり、シワが目立たなくなったりと、若返り効果も期待できる治療です。

エイジング治療に用いられる注入施術は数多くあり、ほとんどが有効成分を肌に注入するといったものですが、グロースファクター注射はもともと人体に含まれる成長因子を注入します。アレルギーが起こるリスクもほとんどなく安全なうえ、肌にメスを入れることもありません。また、ボトックス注射のような従来の注入施術では体内にもともと存在しない成分を取り込み、体が異物と認識して分解する性質だったため、効果は一時的なものがほとんどでした。グロースファクター注射は少なくとも6ヵ月~2年以上は効果が持続します。

痛みやダウンタイム

グロースファクターもともと体内にあるタンパク質の一部であるため、腫れや痛みはほとんどなし。害もなく、肌トラブルが起きる心配もありません。注入してから皮膚内でコラーゲンが徐々に生成されていくので、効果が現れるのは若干遅め。個人差にもよりますが、最終的に効果が出るのは3~6ヵ月ぐらいです。

副作用

グロースファクター注射にはこれといった副作用はありませんが、目の下に注入した場合にしこりが出てしまうおそれがあります。即効性に優れている分、余分にグロースファクターを注入すると腫れやしこりが副作用となって現れるためです。目元に注入する場合はくぼみを意識しながら、グロースファクターの量をコントロールしなければなりません。万が一しこりが出てしまった際は、ステロイド注射で対応する場合があります。

持続期間

注入する箇所によりますが、1回で3~6ヵ月ほど効果が持続します。定期的に注入を行うことで段々と持続期間が延びるため、3回の注入で最長2年も効果が持続すると言われています。

グロースファクター注射が向いている人

  • ・治療したことが周りに気付かれたくない方
  • ・自然な仕上がりにしたい方
  • ・長期的な予算を抑えてたるみ治療を受けたい方
  • ・手術をしないでたるみを改善させたい方

他の再生治療との違い

アレルギーのリスクが
少ない注入治療

エイジング現象改善のため、肌に「何か」を注入する治療法は数多くありますが、グロースファクター注射はこれらと一線を画す意味で「再生治療」と呼ばれます。その理由は、もともと人体にも含まれている「成長因子(FGF)」を注入するから。アレルギーが起こる可能性は低く安全であるうえに、肌にメスを入れるリスクもないのです。同様の再生治療に「PRP注射」がありますが、こちらは自身の血液に含まれる「血漿」を採取/抽出する作業を伴うため、費用は若干お高めになります。またプラズマジェルと呼ばれる「PPP治療」は、グロースファクターより即効性が高くなっています。

たるみ治療の名医・専門医事典パーツ別
名医リスト
お悩みパーツの名医は?

部位別の名医がわかる
一覧をチェック!