【フェイスリフト】施術別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

施術別に検索
たるみ治療の方法・料金事典

切開を伴うリフトアップ治療フェイスリフト

フェイスリフトの料金を先にチェック! ▼ [クリック]

悩ましいエイジング現象・たるみを抜本的に改善する美容施術、フェイスリフト。その施術料金は一体どのくらいかかるのか、気になるところだと思います。治療を検討している方は、知識を深めておきましょう。

フェイスリフトとは?

皮膚や筋肉を引っ張るたるみ治療

フェイスリフトとは、耳周りや頭皮といった目立たない部位を切開することで皮膚や筋肉を引っ張り、たるみを解消する治療法です。顔全体のフェイスリフト以外にも、首やあご下のたるみを中心にリフトアップする「ネックリフト」と言われる治療もあります。クリニックによっては独自で付けた名前のさまざまなフェイスリフトがあるので、手術を受ける前に内容や効果をしっかりと確認するようにしましょう。

フェイスリフトは3種類

フェイスリフトは緩んでしまった筋肉の層を引っ張りあげてたるみを改善させますが、引き上げる層によって「皮膚のみのリフト」「骨膜下のリフト」「SMASのリフト」の3つに分けられます。中でもよく用いられるのがSMASを持ち上げる「SMAS法」です。SMAS法とは皮膚の下にあるSMASと言われる表情性筋膜を引き離し、皮膚とは別に引っ張り上げることでリフトアップを図る方法。たるみの症状が大きい方や、高齢の方にも効果的です。

医師には高い技術力が求められる

たるみ治療で人気の高いフェイスリフトですが、注入治療や再生治療と違って切開が大前提となるので、手術後に多少の傷跡が残る可能性があります。また、人の表情を変える難しい手術になるため、医師のスキルによって得られる効果が左右されるといった点も。フェイスリフトによるたるみ改善を検討している方は、実績が豊富な名医がいるクリニックを選ぶようにしましょう。

SMAS法とリガメント法の違い

近年のフェイスリフトの主流は「SMAS法」か「リガメント法」になります。

SMAS法

SMAS法は、皮下にある筋膜組織(SMAS)を引き上げる方法。SMASは広頚筋(こうけいきん)と呼ばれる、首からフェイスラインにかけてついている筋肉と繋がっています。広頚筋は衰えやすいうえに、収縮が顔のたるみにすぐ繋がってしまいます。SMASを引き上げることで広頚筋を引き上げることが可能です。耳の前部分でSMASを切開して一部を切離したのち、SMASを弁上に残して耳の後ろで縫合。あご下のたるみの引き上げるのに適したたるみ治療です。

リガメント法

リガメント法は靭帯を切断し、皮膚や筋膜を引き上げやすくしたうえで行う方法です。後戻りしにくいのは、リガメント法と言われています。しかし靭帯を処置する分施術時間は長く、身体への負担が心配な施術です。医師と話し合いのうえで、検討を重ねたほうが良いかもしれません。

リガメントのゆるみが激しい場合、SMASを引き上げてもすぐにたるんだ状態に戻ってしまいます。SMASの剥離と合わせてリガメント切離を行なうと、たるみの改善だけでなく持続効果を保つことが可能です。

副作用

フェイスリフトは切開を行う治療なため、傷跡が残る可能性があります。耳の付け根部分を切開して皮膚を取り除くので、もみあげの位置がズレてしまうケースも。まれに傷口が炎症を起こすことがあります。また、いつまでも腫れが引かず、突っ張り感が残ることもあるので、異変を感じたらすぐに医師へ相談するようにしましょう。

ダウンタイム

腫れ・内出血・赤み

SMAS法のフェイスリフトは腫れや赤みが10~14日程度続きますが、痛みは抜糸後に引いていきます。

止血の際にバンドで圧迫すると顔全体が腫れる、内出血を起こすなどの症状が出る場合があります。手術後の2~3日は顔がパンパンに腫れることも多いので、周りに知られたくない人はあらかじめダウンタイム時は安静に過ごせるようにスケジュールを調整しておくと良いでしょう。

術後の痛み

術後に強い痛みを感じる場合があります。クリニックによっては内服薬を処方してくれるため、処方薬で痛みをコントロールすることが可能です。

フェイスリフトが向いている人

  • あごのたるみが気になる人
  • フェイスラインのたるみが気になる人
  • 加齢に伴うたるみが気になる人
  • 半永久的な効果が期待できる施術を選びたい人

安全性

顔にメスを入れるフェイスリフト。筋肉や神経に傷をつけないように、細心の注意を払って施術を行なうことはもちろん、医師の技術力も求められます。とくにSMASの周辺には顔の神経に影響する「顔面神経」が走っています。まれなケースではありますが、誤って顔面神経を傷つけてしまう可能性もある手術です。カウンセリングで不安・疑問に感じる部分を相談して、十分な技術・知識を持っている医師かどうか判断する必要があります。

治療の流れ

1日目(施術)

施術後しばらくはクリニックで安静にします。その日のうちに帰宅できますが顔にフェースバンドを付けるため、目立たないように帽子やスカーフを用意しておくと良いでしょう。

2日目

再度クリニックで診察を受けて、経過を診てもらいます。医師が確認するのは、出血や傷の状態。固定のためのフェースバンドは2日目も使用します。

また施術中に血腫を防ぐために挿入した「ドレーン」と呼ばれる管を抜くのは、2日目以降です。

3日目

再びクリニックで診察を受けて、症状に問題がなければフェースバンドを外します。医師からのOKが出れば、洗顔や洗髪・メイクもこの日から解禁です。

ほとんどの腫れが3日程度で引いていきますが、大きな腫れの場合は、1~2週目までは目立つ場合があります。そのような腫れであっても時間の経過とともに収まっていくので、2週間ほどは様子をみましょう。

1週間後

フェイスリフトの抜糸は2回にわけて行います。最初の抜糸は耳の前方部です。

2週間後

耳の後ろ部分の糸を抜くことで2回にわけた抜糸が終わる、フェイスリフトの終盤です。ダウンタイムの症状が落ち着いた2週目以降からは通常の生活に戻れます。その後は経過観察の時期です。状態に応じて数カ月おきの通院が必要になることもあります。

持続時間

切開してSMASの一部切除と引き上げを行なうと、半永久的に引き締め効果を得られます。

しかし、皮下脂肪のたるみを止める施術ではありません。そのため時間の経過とともに皮膚のたるみが進行し、以前とは違うたるみではあるものの、1~2年程度で元の見た目に戻ったように感じることが少なくありません。

一度受けたフェイスリフトの効果は半永久的に続くものの、加齢とともに効果が薄れていく施術です。しかし、フェイスリフトを受けた後と受けなかった後の5~10年先では、たるみ具合に大きな差が出ることが予想されます。

フェイスリフト手術 
部位・種類別 料金例

肌にメスを入れることで、気になるエイジング現象の根本的な改善を目指すのが、フェイスリフト。その効果は半永久的なので、費用はそれなりに高くなってきます。価格例紹介しますので、以下をご確認ください。

顔全体顔全体(輪郭)

中には200万円超えのクリニックも

額、頬、こめかみ、顎など、顔の中でシワやたるみの気になる部分をトータルで引き上げることを目指す手術。このため、料金は最も高くなっています。またダウンタイムの長いので、入院を必須としているクリニックも。

額(おでこ)顔全体(輪郭)

中には100万円超えのクリニックも

老け顔の印象を加速させてしまう額のシワ改善や、目元にまで影響を与える額のたるみの引き上げを目指す手術。フェイスリフト手術の中でも、比較的料金は高い部位であることが、上記からもわかると思います。

目元顔全体(輪郭)

目元のエイジングを何とかしたい人に

こちらは、目元のシワやたるみを引き上げることを目指す手術です。一見、目元から離れてはいるが、手術跡が目立ちにくいこめかみを切開することで、目元全体を一気に若返らせることができます。

頬・口元など頬や口元

早いうちに手を打っておきたい人へおすすめ

名称通り、全顔のリフトアップを目指すフルフェイスリフトよりも傷口が小さく、ダウンタイムも少なく抑えられるのが、こちらの施術です。部分的なシワやたるみが気になる人は、まずこちらに要注目。

首

首のシワ・たるみを隠すのに疲れた人へ

顔のエイジング現象はうまく隠せても、首に年齢が出てしまっている人もいます。こうした悩みの改善を目指すのが、こちらの手術です。リフトアップ手術の中では、比較的リーズナブルです。

クリニック別 
フェイスリフトの料金例

聖心美容クリニック

本数(たるみの箇所)による費用

全顔リフト 97万2,000円
額リフト 86万4,000円
こめかみリフト 64万8,000円
ミニリフト 64万8,000円
ネックリフト 64万8,000円

SMAS UPはもちろん、靭帯の処置も可能

皮膚の下にあるSMASと呼ばれる組織(表情性筋膜)も引き上げるフェイスリフトを実施している、聖心美容クリニック。たるみなどの度合いにおいて、靭帯の処置も行う技術力の高さが魅力です。

高須クリニック

本数(たるみの箇所)による費用

全顔リフト 220万円
額リフト 100万円
こめかみリフト 60万円
ミニリフト 60万円
ネックリフト 60万円

リガメント法を推進するも費用は高め

靭帯を支えに引き上げる「リガメント法」を実施。SMAS法などのフェイスリフトに比べ、持続期間が長いほか、ほうれい線や鼻、口元のシワやたるみに確実な効果を発揮します。ただし、費用はかなり高め。

酒井形成外科

本数(たるみの箇所)による費用

全顔リフト 200万円
額リフト 70万円
こめかみリフト 40万円
ミニリフト 60万円
ネックリフト 60万円

全身麻酔・1日入院を原則としている

Dr.ダニエル・ベーカーの手術法を継承したフェイスリフトを行っている、酒井形成外科。手術は全身麻酔で行われ、1日の入院を原則としています。縫合の丁寧さにも自信を持っているクリニックです。

フェイスリフト手術の種類

現状考えうる最も効果的な方法

フェイスリフトは、肌にメスを入れる究極のリフトアップ施術。近年はマシンや糸を使い方法も登場していますが、手術に勝る効果は見込めません。そのため、現在でも一定の支持を集めているのです。

ここでは、顔全体のたるみ・しわへ一気にアプローチする「フルフェイスリフト」や額・こめかみなどのパーツに行うものなど、フェイスリフトの種類別にメリット・デメリットをまとめました。ダウンタイムや持続期間、価格相場なども調べたので、自分に合ったフェイスリフトを見つけるヒントにしてください。

フルフェイスリフト(全顔)

メリット
・顔全体のしわやたるみを、一気に解決できる
・ダウンタイムが終わった後の効果実感は非常に高い
・注入治療やマシン治療では改善できなかったエイジング現象にも効果的
デメリット
・術後数ヶ月は、縫合箇所に傷跡が残る
・費用が高い
・入院が伴う場合も。また施術後数回の通院は必須
・医師の腕により仕上がりに差が出る

麻酔

局所麻酔または全身麻酔

ダウンタイム

1~2週間程度の強い腫れ

効果の範囲

顔全体

持続期間

半永久的

備考

皮膚のみのリフト、骨膜下リフト、SMAS法、リガメント法などの種類があるので、クリニック選びの際はよく内容を確認する必要あり。

価格相場

150万円

額リフト

メリット
・ボトックスなどでは改善できない深いシワにも効果的
・額だけでなく、眉間や目尻のエイジングの改善効果もある
デメリット
・頭髪の脱毛や薄毛化リスクがある
・医師の腕により、仕上がりに差が出る

麻酔

静脈麻酔または全身麻酔

ダウンタイム

1~2週間程度の腫れ

効果の範囲

額、眉間、鼻根部、目尻のしわ、上眼瞼のたるみなど

持続期間

半永久的

備考

生え際を切開する方法のほか、冠状切開法、内視鏡法も有

価格相場

約80万円

こめかみリフト

メリット
・目元全体のエイジング現象にアプローチ可能
・髪の毛の中や、生え際を切開するため、傷跡が目立ちにくい
デメリット
・施術箇所に脱毛リスクがある
・医師の腕により仕上がりに差が出る
・抜糸など、術後の通院が必須

麻酔

局所麻酔と静脈麻酔

ダウンタイム

1~2週間程度の腫れ、数日間の違和感

効果の範囲

目元

持続期間

半永久的

備考

フルフェイスリフトと併用することで、高い相乗効果が得られる

価格相場

約54万円

ミニリフト(頬リフトなど局所的なリフト)

メリット
・フルフェイスリフトより傷の範囲が狭く、負担も軽い
・髪の毛で隠れる部位を切開するため、傷跡が目立ちにくい
デメリット
・医師の腕により仕上がりに差が出る
・抜糸など、術後の通院が必須

麻酔

局所麻酔と静脈麻酔

ダウンタイム

1~2週間程度の腫れ、内出血

効果の範囲

頬、口元

持続期間

半永久的

備考

フルフェイスリフトに比べると、切開範囲は3分の1程度。ただし皮膚のみのリフト、SMAS法などの種類があるので、事前に内容をよく確認する必要あり。

価格相場

約60万円

ネックリフト

メリット
・施術効果を実感しやすい
・耳の裏側を切開するのが一般的で、傷跡が目立ちにくい
デメリット
・頬骨やエラが張り出していと、効果を実感しにくい
・医師の腕により仕上がりに差が出る

麻酔

局所麻酔と静脈麻酔

ダウンタイム

1~2週間程度の腫れや内出血

効果の範囲

持続期間

半永久的

備考

こめかみリフトと併用することで、高い相乗効果が得られる

価格相場

約55万円

たるみ治療名医・クリニック事典医療通訳が
選ぶ
切開を伴う治療編

フェイスリフト手術が得意な
名医を見る