【新世代スレッドリフト】施術別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

施術別に検索
たるみ治療の方法・料金事典

たるみ治療事典
スレッドリフト編新世代スレッドリフト

新世代スレッドリフトの料金を先にチェック! ▼ [クリック]

ゴルゴラインやほうれい線などの原因となる顔のたるみにアプローチし、キュッと引き締まった小顔へと導く「新世代スレッドリフト」。従来のスレッドリフトよりも即効性があり、ダウンタイムもほとんどありませんが、気になるのはその料金です。こちらでは、新世代スレッドリフトの相場をクリニック別にリサーチしました。

新世代スレッドリフトとは

毛穴も治療できる最新のリフトアップ

新世代スレッドリフトとは、コグと呼ばれる突起がついた溶ける糸を皮下組織に挿入し、メスを使わずにたるみを引き上げる治療法です。従来のスレッドリフトでは、針を抜いた跡が残ったり、顔が腫れたりするといったダウンタイムがありました。新世代スレッドリフトは先が丸い純針を使用するため、内出血を防ぎつつ自然な引き締め効果が得られます。刺した部分から針を引き抜くため、傷跡が残りません。使用する糸は手術にも活用されるポリジオキサノンで、6ヵ月~1年程度で体内に吸収されます。挿入する糸によってコラーゲン生成が促進され、たるみ予防に効果を発揮しながら毛穴も目立たなくなるため、たるみと毛穴を同時に改善できると人気です。

腫れやダウンタイムのないスレッドリフト

従来のスレッドリフトは、顔の側面を引き上げて固定させてリフトアップさせる方法でした。新世代スレッドリフトに使われる糸には特殊なコグがついており、コグとコグの間で固定するためしっかりと引き上げることができるように。糸は柔軟性と伸縮性2つの特性を持ち併せたシリコン製なので、不自然な引き連れを起こす心配がありません。動きが多い口周りにも使用可能で、筋肉の動きに合わせて糸も動くため、時間が経っても緩むことなく効果が持続。口を動かしたあとに感じる痛みや、固定部の圧迫による痛みもありません。

以前からスレッドリフトによるリフトアップの効果は高く、人気のある治療でした。ですが、腫れやダウンタイムがあることから治療を諦める方も多かったのです。新世代スレッドリフトの登場によって、腫れやダウンタイムがないスレッドリフトが実現し、多くの方から受け入れられる治療へと進化しました。

より強く引き上げつつもナチュラルな仕上がりに

新世代スレッドリフトはコグとコグの間で固定できるので、よりしっかりと皮膚を引き上げ、かつナチュラルな仕上がりに。柔軟性と伸縮性を兼ね備えた糸は筋肉と一緒に動くので、口の周りなどよく動く部分のリフトアップに最適です。また、特殊なコグでしっかりと固定されるので、時間が経っても糸がゆるみにくいというメリットもあります。

頬と顔正面のたるみに効果的

新世代スレッドリフトは、頬と顔正面のたるみに効果を発揮します。

ほうれい線やゴルゴラインができるのは、脂肪の下垂が原因。垂れ下がってしまった頬の脂肪を引き上げるのに有効なのが「新世代スレッドリフト」です。引き上げたい脂肪に直接糸を挿入し、コグとコグの間で固定してリフトアップをします。

また、加齢で脂肪が垂れ、変形してしまったフェイスラインにも効果があります。下垂した脂肪を引き上げて元の場所に戻すことで、頬にできてしまった段差を改善。新世代スレッドリフトならキュッと引き締まった小顔を手に入れられるでしょう。

メリット
・侵襲性の少ない挿入法でダウンタイムが少ない
・比較的効果実感が早め
・費用がリーズナブル
デメリット
・特有のデメリットは特にないが、効果は永続しない

どこのしわ・たるみ向きか

ほうれい線やマリオネットライン

リフトアップの種類

皮膚に糸を埋め込み、免疫反応でコラーゲン生成を活性化させる

糸のタイプ

医療用のやや太い糸

糸の伸縮性

優れている

突起の特性

糸自体にギザギザで多方向な突起が付いている

糸の素材

ポリジオキサン(吸収性素材)

持続期間

~1年

仕上がりの自然さ

かなり自然

施術時間

20~30分程度

ダウンタイム

数日程度の赤みやむくみ。メイクは当日から可能

ダウンタイム

新世代スレッドリフトは、基本的にダウンタイムがほとんどありません。しかし、術後から数日間は頬に少しだけ違和感を覚えることも。頬を押したときに痛みを感じたり、赤みが生じたりする場合があります。

腫れ・赤み

麻酔を注入する影響で少しだけ腫れが出ることもあります。個人差はありますが、腫れは翌日までに引くでしょう。術後すぐは皮膚に赤みが出ることもありますが、こちらは数時間で落ち着きます。

内出血

新世代スレッドリフトの場合、内出血はほとんどありません。内出血ができやすい方の場合は少しだけ出てしまうこともありますが、メイクで隠せる程度です。

治療の流れ

来院・カウンセリング

予約を取った日時に来院します。治療に関する希望を聞き、医師によるお肌チェック。その後に最適な施術方法についてアドバイスしてくれます。

洗顔・クレンジング

低刺激のクレンジング・洗顔料を使って、できるだけ肌に負担をかけないようにメイクを落とします。

デザイン・麻酔

カウンセリングの希望をもとに、糸を入れる部位、糸の本数、仕上がりイメージの最終確認を行います。不安なことや「やっぱりこうしたい!」という希望があればこの時に伝えましょう。

麻酔・施術

顔の知覚神経に局部麻酔を注射する「ブロック麻酔」で、顔全体の痛みを和らげます。その後は、医師が顔の形状やたるみの度合いなどを考慮しながら丁寧に糸を入れていきます。

冷却

施術が終わったらすばやく冷却をします。アイシングをすることで、術後の腫れを最小限に抑えることが可能です。

術後2日目

中には腫れや赤みを感じる方もいますが、翌日にはほとんど目立たなくなっているでしょう。

新世代スレッドリフトは局所麻酔による短時間の施術であり、先端が丸くなった針で糸を通すので、腫れや内出血と言ったダウンタイムの症状はほとんど表れません。挿入痕や刺孔も残らないので、メイクをしてもOKです。

副作用

治療中の痛み

局所麻酔を使用し、痛みを軽減します。痛みの感じ方には個人差がありますので、不安な方は医師に相談しましょう。

引きつれや違和感

数日〜1ヶ月ほどは、大きく口を開けたり、顔を洗う時などに、引きつれを感じたり違和感を覚えたりする場合があります。

新世代スレッドリフトに向いている人

  • メスを入れるのが嫌
  • ダウンタイムがない施術でたるみを改善したい
  • ゴルゴラインが気になる
  • ほうれい線が目立ってきた
  • フェイスラインがたるんできた
  • できるだけナチュラルにたるみを改善したい
  • すぐに効果を実感したい
  • 施術は短時間で済ませてほしい

安全性

新世代スレッドリフトの糸は、医療現場でよく使われるポリ乳酸繊維から作られた糸を使用。糸は体内に吸収され、自然と溶けてなくなります。体内に糸が残らないように作られているため、安全性が高いリフトアップが可能になりました。

また、弾力性・伸縮性がある糸を用いている点も、新世代スレッドリフトの安全性を高めています。弾力性・収縮性があると糸が外に飛び出しにくいのです。口周りなどのよく動く箇所に埋め込んでも糸がずれにくいだけではなく、自然な表情を崩さないままリフトアップができます。

持続時間

糸はおよそ8~12ヶ月で体内に吸収されますが、リフトアップ効果は2~3年ほど続くと言われています。

糸を入れると、皮下組織は「異物が入ってきて傷ついた」と判断し、傷を塞ごうとコラーゲンを生成します。結果的にコラーゲンが糸の代わりになって皮膚を引き上げるため、糸が溶けてなくなってもリフトアップの効果がしばらく持続するのです。

他のスレッドリフトとの違い

肌への負担が大幅に減少した最新の挿入法が魅力

新世代スレッドリフトは、いわゆる「フローティングタイプ」。突起を皮下組織に引っ掛けてたるみを引き上げる「フィックスタイプ」とは異なり、糸を埋め込むことで皮下組織の免疫反応を活発化させ、コラーゲン生成を促すことで、肌にハリツヤを甦らせるのが狙いです。従来のフローティングタイプ糸とは挿入法が大きく異なり、肌への負担を軽減させるために先端の丸いカニューレを使用するので、内出血はほとんどありません。また、挿入する糸は従来のものよりも太く、そのぶん効果実感が早いという特徴もあります。

新世代スレッドリフトの料金相場

悩ましいエイジング現象・たるみを簡単に改善する美容施術として、人気が高い新世代スレッドリフト。その施術料金は一体どのくらいかかるのか、気になるところだと思います。糸治療を検討している方は、知識を深めておきましょう。

最新の糸治療にも関わらず、費用は抑え目

新世代スレッドリフトは、最新の糸治療法なので、料金体系はクリニックにより差があります。そもそも、導入しているクリニック自体も少なめなのです。とは言え、その費用は他のスレッドリフトに比べてもリーズナブルです。

クリニック別 
新世代スレッドリフトの料金例

切らないたるみ治療のひとつである、新世代スレッドリフト。施術メニューに加えている美容クリニックの数は少なめですから、要注目です。その料金例や、施術の特徴を紹介していきますので、チェックしてください。

セオリークリニック

1本あたりの価格 2万1,600円

他院にはない明快な治療部位指定と料金体系

医師によるカウンセリングと治療体制を整え、「オーダーメイドの美容治療提供」を実践しているクリニック。リードファインリフトに関しては、20本で額/目尻、50本でフェイスリフト、100本でフルフェイスと料金も明快。

エムズ皮フ形成外科クリニック

N-COG1本 2万5,000円
Z-lift1本 3万5,000円

2種類の新世代スレッドリフトを用意する稀有な医院

横浜エリアで要注目の美容クリニック。侵襲性の少ない新世代スレッドリフトに関しては「N-COGスパイラルリフト」と「Z-lift」の2種類をいち早く導入。費用も別で患者に選択肢を提示しています。

銀座ケイスキンクリニック

4本あたりの価格 10万円
8本あたりの価格 17万円
12本あたりの価格 25万円

女性医師が院長を務める銀座のクリニック

医学博士である女性医師が、院長を務めているクリニック。女性に人気の街・銀座でエイジング悩みが相談しやすい場所として、要チェックです。新世代スレッドリフトの施術は4本~ですが、価格帯はリーズナブル。

たるみ治療名医・クリニック事典医療通訳が
選ぶ
スレッドリフト編

スレッドリフトが得意な
クリニックを見る