【頬】パーツ別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

頬のたるみ・ほうれい線

決定版!
頬のたるみ・ほうれい線に効く
治療法&名医

ほうれい線となって現れる頬のたるみ治療を受けるポイントは、自分に合った治療法とそれが得意な名医を選ぶことです。多岐にわたる治療法の中から、頬のたるみ・ほうれい線におすすめの治療法と、おすすめの名医を紹介しています。

頰のたるみ治療が
得意な名医を
すぐに知りたい人はここをクリック!
頬

頬のたるみ・
ほうれい線
に適した
治療法を知りましょう

切らないフェイスリフト・
スレッドリフトに注目

頬のたるみはフェイスラインが崩れるだけでなく、ほうれい線をつくり目立たせます。顔の中心にあるだけに、年齢を感じさせる要因となります。切開して引き上げるリフトアップ手術、ボトックスやヒアルロン酸などの注射、マシンによる照射治療まで多岐に渡ります。中でもたるみを糸で持ち上げるスレッドリフト治療は改善効果が大きいのでおすすめです。

ミニリフト・ミディアムリフト(切開法) スレッドリフト サーマクールCPT ヒアルロン酸注入 PPP(プラズマジェル)

.

ほうれい線のたるみに
おすすめの治療はこれ

たるみの原因や症状によって有効な治療法は異なります。有効な治療法が複数ある場合は以下の3つを考慮したうえで選択することが大切。
①効果の程度 ②効果の持続(定期的な治療が必要かどうか) ③リスク(切開の有無)
上記をふまえたおすすめの治療法とは?

スレッドリフト

パワフルで持続する
低侵襲のスレッドリフト

ほうれい線や頬のシワ、たるみの原因は、老化による周辺組織のゆるみです。支え切れなくなって皮膚や脂肪が垂れ下がって、たるみができます。頬のたるみを改善する治療には、注入系や照射系がありますが、肌に凹凸ができたり、効果が長くても1年程度なので、永続的な効果が期待できません。ミニリフトやミディアムリフトは、持続性は高いですが切開が必要なため、ダウンタイムもその分大きいです。スレッドリフトは、顔の中心部を強力にリフトアップする治療です。しかも長期的に効果が持続し、切開をする必要がないため体に負担がかかりません。頬のたるみ治療におすすめできる治療です。

スレッドリフトで
評判がいいクリニック
は?
医療通訳さんに
聞いてみました。

セオリークリニック

ダウンタイムや傷跡など、
従来の弱点を克服した
最強のスレッドリフト

名医:筒井 裕介医師
スレッドリフトは、効果が高い治療ですが、ダウンタイムや傷跡が残るなど、いくかの問題がありました。それを克服したのがセオリークリニックの「新世代スレッドリフト」です。従来のスレッドリフトはほうれい線にはあまり効果が期待できませんでしたが、特殊な突起(コグ)がついた溶ける糸を使用し、挿入方法の改良により、頬全体を強力にかつナチュラルに引き上げることができます。施術は短時間で終わりますが、即効性があり、術後すぐにリフトアップが実感できます。ダウンタイムもないので、スレッドリフトを検討している方は要チェックです。

クリニックデータ
住所 東京都中央区銀座3-7-2オーク銀座ビル6F 休診日 無休
アクセス 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅 A13番出口 徒歩2分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 9番出口 徒歩3分
都営浅草線「東銀座」駅 A8番出口 徒歩5分
院長 筒井裕介
診療時間 11:00~19:00 公式サイト http://www.theory-clinic.com/

頬のたるみ・
ほうれい線の治療を
考えてる方へ

即効性と持続性、
自然な仕上がりを
兼ね備えたスレッドリフト

セオリークリニックのたるみ治療の技術力の高さには定評があります。それは、内出血・腫れがないのに、高い効果を得られること。「新世代スレッドリフト」は先端が丸くなった鈍針を使用。目立たない箇所(一か所のみ)から針を入れて引き抜くため、局所麻酔による短時間の治療で腫れや内出血もほとんどなく、手術直後にそのまま帰ることができます。柔軟性と伸縮性を持つスレッドを使用するため、スレッドリフトで問題になる不自然な引き連れを起こすこともなく、しっかり引き上げるのにナチュラルな仕上がりです。