【目の下のたるみ手術】パーツ別たるみ治療の料金相場

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

目の下のたるみ

決定版!目の下のたるみに効く治療法&名医

パーツ別・顔のたるみの
おすすめ治療と名医

目の下のたるみ治療を受けるポイントは、自分の目の下のたるみに効果がある治療法を選ぶこととその治療を得意とする名医を選ぶことです。代表的な目の下のたるみ治療法の中からおすすめの治療法と、その名医を紹介しています。

目の下のたるみ治療が
得意な名医を
すぐに知りたい方はこちら
目の下

目の下のたるみ
適した治療法を
まず知りましょう

たるみの種類によって
治療法は異なります

ヒアルロン酸注入、サーマクール、ハムラ法、脱脂術+脂肪注入など、目の下のたるみに有効な治療法。皮膚のたるみには注入治療が対応しますが、目の下のふくらみが大きくたるんでいるなど脂肪によるたるみには、脱脂術や脂肪注入が有効。リスクと効果を見極めて施術を選びましょう。

脱脂術(経結膜的脱脂法) ハムラ法 サーマクール(サーマクールアイ) ヒアルロン酸/ボトックス注入 脱脂術+脂肪注入

目の下のたるみ
おすすめの治療はこれ

たるみの原因や症状によって有効な治療法は異なります。有効な治療法が複数ある場合は以下の3つを考慮したうえで選択することが大切。
①効果の程度 ②効果の持続(定期的な治療が必要かどうか) ③リスク(切開の有無)
上記をふまえたおすすめの治療法とは?

脱脂術+
脂肪注入

低リスクで高効果!
若々しい目元を取り戻す治療

目の下のたるみの症状は様々あり、治療法も異なります。皮膚のたるみには、ヒアルロン酸注入やサーマクールアイがおすすめです。なお、目の下のたるみの中でもっとも多いのが目の裏の脂肪(眼窩脂肪)が押し出されてたるみができたタイプ。一般的には脱脂術で脂肪を取り除きますが、目の下の凹みや皮膚のたるみを改善することはできません。脱脂法と似ている施術にハムラ法がありますが、ダウンタイムが大きいことからあまりお勧めできません。切開を避けるのなら、「脱脂術」+「脂肪注入」がおすすめです。

脱脂術+脂肪注入で
評判がいいクリニック
は?
医療通訳さんに
聞いてみました。

セオリークリニック

出血・腫れがほとんどなく
自然な仕上がり!
技術の高さが感じられる施術

名医:筒井 裕介医師
セオリークリニックでは、自然で若々しい目元を作る「脱脂術+リポトランスファー(脂肪注入)」に力を入れています。この施術は下まぶたの裏側から脂肪を抽出して特殊な加工を施し、目の下にできたくぼみに注入するものです。高周波レーザーを使用することで切開部を最小限に抑え、極細の針で一か所から注入することで出血を抑えます。独自の注入技術により、より美しく自然で立体的な目元に仕上げます。また独自の麻酔注射器を使うことで、少量の麻酔薬をしっかり効かせて腫れや痛みを緩和させるなど、このクリニックならではの工夫が随所に見られます。

クリニックデータ
住所 東京都中央区銀座3-7-2オーク銀座ビル6F 休診日 不定休
アクセス 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅 A13番出口 徒歩2分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 9番出口 徒歩3分
都営浅草線「東銀座」駅 A8番出口 徒歩5分
院長 筒井裕介
診療時間 11:00~19:00 公式サイト http://theory-kumatarumi.com/treatment/dl.html

目の下の
たるみ治療を
考えている方へ

出血しない・腫れない
目の下のたるみ治療

脂肪による目の下のたるみには、余分な脂肪を除去したうえで段差部分に処理された脂肪を注入する「脱脂術+脂肪注入」治療がおすすめです。この治療を行うクリニックは他にもありますが、セオリークリニックでは、脱脂術の際に出血させない工夫をしたり、リポトランスファー(脂肪注入)の際には極細の針を使用するなど、技術力の高さに定評があります。公式サイトの症例写真でもわかるように、手術直後でも、サングラス着用の必要がなく若々しく生まれ変わった目元で帰ることができます