瞼のたるみ治療は保険が適用されるの?

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

たるみの名医大事典TOP  >  たるみ治療に関する疑問を解消!なんでもQ&A  >  瞼のたるみ治療は保険が適用されるの?

まぶたのたるみ取りで保険がきくケースがある?

美容外科で治療するまぶたのたるみ取りは基本的に保険適用外になりますが、眼瞼下垂だと保険が適用されることがあります。なぜ眼瞼下垂手術は保険適用の対象になるのでしょうか?症状の特徴や手術の方法から、保険適用となる条件を探ってみました。費用の相場もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

眼瞼下垂によるまぶたのたるみ治療では保険が適用される場合も

眼瞼下垂手術で保険が適用される条件とはどのようなものなのでしょうか?

適用される条件とは

眼瞼下垂が原因で生活に支障をきたしていると判断されると、保険適用の可能性が高くなります。たとえば、「眼瞼下垂が原因で頭痛になった」「眼瞼下垂で肩こりがひどくなった」といったケース。まぶたが下がって視界が狭くなると、眼を見開こうとして無理にいろいろな筋肉を使ってしまいます。そのため筋肉が疲労し、頭痛や肩こりを引き起こしてしまうのです。

美容目的だと適用されにくい

反対に「一重になったので直したい」「二重になりたい」といった美容目的での手術を希望した場合は保険が適用できません。保険が適用されるのは、あくまでその症状によって生活に支障を期待しているかどうかが問題なのです。

医師によっては適用しない場合もある

ただし、医師によっては生活に支障をきたしていると判断されても保険を適用しない場合があります。基本的には自由診療なので、適用するかどうかは医師に任されているのです。眼瞼下垂の手術を受ける際は、事前に保険適用されるかどうかを医師に相談しましょう。

眼瞼下垂の症状

ではそもそもまぶたが下がってくる眼瞼下垂とはどのような症状なのでしょうか?

眼瞼下垂とは

まぶたが開きにくい状態になる症状を眼瞼下垂といい、先天性と後天性で原因が分かれます。 先天性の場合はまぶたを上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉の形成不全か、眼瞼挙筋を動かす動眼神経(どうがんしんけい)の異常が原因です。片目と両目どちらでも出ることがあります。

一方、後天性の場合は他にもさまざまな原因が。主な原因として、

  • 加齢による眼瞼挙筋の衰え
  • 眼科手術後の後遺症
  • 脳梗塞の後遺症
  • 脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)による神経圧迫
  • コンタクトレンズの長期装用

などが挙げられます。また、全身の筋肉が弱くなる重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)という病気によって眼瞼下垂になることもあります。

眼瞼下垂の治療法

症状の程度によりますが、ほとんどが手術での治療になります。眼科での手術後や脳梗塞後に起きた場合は、自然に回復するかどうかを見ることも。重症筋無力症は薬物療法がメインです。 重症の眼瞼下垂は視力が奪われます。「眼瞼下垂かも?」と思ったら、早めに受診しましょう。とくに急性で起こった場合は脳梗塞につながる可能性もあるので注意が必要です。眼瞼下垂を改善することで体の不調も治る見込みがある場合は、保険が適用される可能性が高くなります。

切る?切らない?眼瞼下垂手術の方法

眼瞼下垂手術には、切る方法と切らない方法の2種類があります。

切る眼瞼下垂手術

眼瞼下垂手術は多くの医療機関で行われている一般的な手術法です。眼瞼下垂によってまぶたのたるみが過剰な場合に用いられます。

切る眼瞼下垂手術のメリット
  • 保険が適用されるケースが多い
  • まぶただけの手術なので体への負担がほとんどない
  • まぶたの筋組織をじかに見るので確実性の高い手術ができる
切る眼瞼下垂手術のデメリット
  • 抜糸が必要
  • 腫れや内出血が出る可能性がある
  • 1~2ヵ月のダウンタイムが必要
  • 傷が目立たなくなるまでに半年ほどかかる
  • 切開するので元に戻すことができない
  • 目が完全に閉じられずドライアイになる場合がある

切らない眼瞼下垂手術

メスで切らずに糸を使って眼瞼下垂を改善する方法です。髪の毛よりも細い糸を使ってまぶたを上げる方法で、メスを使用しません。軽度~中程度の眼瞼下垂の手術で多く利用されます。

切らない眼瞼下垂手術のメリット
  • 手術後のまぶたの腫れが少ない
  • 内出血が少ない
  • ダウンタイムが1~2週間と短い
切らない眼瞼下垂手術のデメリット
  • 保険が適用されない可能性が高い
  • 糸の影響で目にゴロゴロ感が出ることがある
  • 二重のラインが乱れることがある
  • 手術をしても効果が少ない場合がある
  • まぶたの形に左右差が出る場合がある

切る方法も切らない方法もそれぞれにメリットデメリットがありますが、一番の違いは保険適用される可能性が高いかどうかではないでしょうか。 眼瞼下垂の程度がどれくらいなのかによって手術法が変わってきます。自己判断はせずに、必ず医師の診察を受けてから治療法の相談をしてください。

眼瞼下垂手術の費用相場

眼瞼下垂の一般的な手術費用の相場をまとめました。

保険適用 部分 費用
切る眼瞼下垂手術
(3割負担の場合)
片目 2~3万円
両目 4~6万円
切る眼瞼下垂手術
(適用外の場合)
片目 20~35万円
両目 35~60万円
切らない眼瞼下垂手術 両目 30~40万円

切る眼瞼下垂手術は保険適用の場合とそうでない手術を比べると、約10倍の差があることが分かります。切らない眼瞼下垂手術の相場は30~40万円です。切らない眼瞼下垂手術は保険が適用されません。

眼瞼下垂の程度が重い場合は、切る手術法が必要になります。保険が適用されるかどうか、切らない手術法を行うのかどうかは医師によって異なるので、まずは受診して程度を確認しましょう。