たるみと表情筋の関係性について

医療通訳に聞いた!たるみの専門医・名医大事典

たるみ治療を全て見てきた医療通訳を徹底取材!

カウンセリングから手術室まで同席、医師の技術を知り尽くしている美容外科の医療通訳が勧める名医とは?

医療通訳とは?

たるみの名医大事典TOP  >  たるみ治療に関する疑問を解消!なんでもQ&A  >  たるみと表情筋の関係性について

たるみと表情筋の関係は?

たるみと表情筋の関係

日頃、表情豊かに過ごす人は顔から若々しい印象を与えます。これは、表情を変えるときに使う表情筋を普段から使っているためで、それにより顔が引き締まっているのです。逆に表情をあまり動かさない人は、歳を重ねるごとにどんどん表情筋が固くなり衰えていくもの。たるみが目立ちシワも下に落ちていきます。同じシワがある人でも、その線が上に上がっている人と下がっている人では、見た目年齢に大きな違いが出るでしょう。歳を重ねたときの顔がその人の人生を表すという話は、こうした理由からくるのかもしれません。

表情筋は顔全体でつながっており、つまり表情筋の衰えは顔全体に表れます。また表情筋は顔の皮膚を支えているため、肌のハリをも左右するのです。衰えは肌のハリをなくし、特にほうれい線や目の周りなどにたるみを引き起こします。これが皮膚そのもののたるみと重なると、一気に老けこんだ印象の顔になってしまうのです。

まずは表情筋をほぐそう

顔のたるみを改善するには、まず表情筋をほぐすところから始めましょう。これだけでも、たるんだ皮膚を改善する効果が見込めます。固まった筋肉は皮膚を支えきれずにたるみを引き起こしますが、表情筋が柔らかくなれば弾力が戻り、顔の皮膚を引き上げてくれるのです。さらに筋肉が動きやすくなることから、エクササイズの効果も出やすくなり、バランス良く筋肉を鍛えることができます。

仮に筋肉をほぐさないままエクササイズを行うと、表情筋を傷めてしまうため注意が必要です。また鍛える筋肉にばらつきが出る可能性もあるため、かえってシワが増えてしまうかもしれません。表情筋は周囲の筋肉ともつながっていますから、周囲からほぐしていくと表情筋にも良い影響を与えてくれます。

表情筋のほぐし方

実際に、表情筋をほぐすための方法を見ていきましょう。

頭皮マッサージ

前述のように表情筋は周囲の筋肉、つまり頭皮にまでつながっています。そのため頭皮マッサージをすれば、表情筋の緊張もほぐれていくのです。方法としては、額の生え際や耳上を指で押し上げたり、後頭部や頭頂部を手のひらや指で押したりしてマッサージしたりすると良いでしょう。

リンパマッサージ

リンパの流れが滞ると、老廃物がたまってむくみやすくなります。これが筋肉をこわばらせる原因のひとつです。そのため、顔のリンパの流れを活性化することで、たるみ改善の効果が期待できます。リンパを流すマッサージは、頬を上に向かって、また首から鎖骨にかけてなでるようにさすってみてください。

表情筋を鍛えるエクササイズ

筋肉をほぐした後は、表情筋を鍛えるエクササイズを行っていきましょう。ポイントは、普段から顔を動かすように意識することに加えて、目の周りを重点的に鍛えることです。効果的な表情筋エクササイズの方法について紹介します。

ウインクエクササイズ

その名のとおり、片目ずつウインクすることで目の周りの筋肉を鍛える方法です。ウインクしにくいほうの筋肉は弱っており、その部分にたるみが出やすくなる可能性があるため、ウインクしにくいほうをあえて多く動かすようにしましょう。

眉毛上げエクササイズ

この方法は、眉毛だけを上げて周辺の筋肉を鍛えるものです。まずは目を細めて、その後に眉毛だけを上げるようにします。呼吸を意識しながらそのままの状態でしばらくキープし、その後で目と眉毛をゆっくりと元に戻しましょう。

ピースエクササイズ

最初に両手でピースをつくり、それぞれの目頭に中指を当て、目尻に人差し指を当てます。このままの状態で黒目を上に上げて目を細め、しばらくキープしてください。このとき、目が痛くならない程度の力加減で優しく行うようにしましょう。